忍者ブログ
英語偏差値30からカナダ東海岸St.Thomas Universityに留学。卒業後2009年4月、某財閥系総合商社へ入社。
2020-071 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 06 next 08
6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、内定式ももう終わったことだし、
唐突だがここに、
なぜ僕が総合商社を就職先として選んだか、
を纏めておきたい。

在学中から聞かれる事も多かったのだが、
実際に話し始めると止まらないので、
いつかブログにまとめようと思っていた。

しかし、
自分がこの就職先を
100%納得して選んだわけではないので、
(内定してしばらくは確かに浮かれていたが)
そしてそれを実際に内定が確定する前に
ウダウダ書いて変な誤解を生んでも困ると思い
今まで書かないでいた。

なので今日からここに整理しておく。



          


国際貢献。


漠然と、しかし断固とした夢を持っていた自分は、
将来どうにかして発展途上国の人々の生活を助けたい、と考えていた。

僕がこんな思いを持ったきっかけは、
大学生活での多くの友人との出会いだった。



何故かラテンアメリカ、アフリカからの友人が多かった僕は、
日頃から彼らの母国の悲惨な現状を聞かされてきた。
''you guys are so lucky to be born in such a good country.''
そんな事を考えたことも無かった自分は、
この友人の何気ない一言に心臓を打ち抜かれ、
答えに窮した。何も言えなかった。


大学2年の時、アフリカ人の友人が
スーダン(ダルフール)研修を企画しているのを手伝った。
実際にNGOオフィスのヘッドも経験したことのある
10種類程の言語を操るナイジェリア人で、変わり者。
俺も含めて周りとは中々ウマが合わず苦労もしたが、
自分にも何か世界に出来る事があるのかと思うと、ワクワクしていた。

まさにその瞬間にダルフール情勢が悪化。研修はもちろん挫折。
いつでも遠い大陸で起こっていたはずの悲惨な出来事が、
この時初めて身近に感じた。

''We can't actually change this world.
In Africa, people will continue to kill and die.
The only thing we can do is to make people aware of this fact,
so it will...will probably make a difference.''

この言葉に僕は納得していなかったが、何も言えなかった。
その時の友人の悲しそうな顔を僕は忘れない。


そしてクラスでは、
人権学で世の中の残酷さ、理不尽さをこれでもかというくらい痛感させられ、
政治科学でそれらを、「AだからBなんだ」とドライ(ロジカル)に学んだ。
実際に何かしなければ世界は変わらない。
しかしそれには僕一人では到底太刀打ちできないような壁がある、
そんな矛盾を日々感じた。

人権学部の生徒が、
''We must dooooo somethiiiiiing!! Yes! We have to!''
と高揚するのをドライに見つめながら、
違う、違う、違う、何かが違う。
おそらく大学内で一番国際貢献に近いであろう学部に身を置きながら、
そのあり方に常に疑問を持っていた。

しかし、「じゃあ俺に何が出来る!?」
そんな疑問に全く答えられない自分がいた。


こんな、自分の世界観を根底から
掻き混ぜられるような経験を毎日してきて、
僕がこの世界で出来る事は一体何なんだろう、といつも思っていた。

次第に、クラスにいる時、勉強している時、
食事している時、友達と話している時、眠りにつく時、
ふと、自分がいかに恵まれているかを改めて認識する度に、
この時期精神的に不安定だったことも重なって、
僕は何かを見つけなければ、と考えるようになっていた。

思い返せば、本当に変な時期だったと思う。
自分が何をするにしても、それを客観的に見つめている自分がいた。
「こんな恵まれた環境に生まれて、このまま普通に生きていくのか。」
そんな風に、自分を見ている自分が、いた。



俺は、このままでいいのだろうか。



俺には一体、この世界で何ができるのだろう。



毎日、毎日考えていた。


Imayu


続く・・・→ 

PR
昨晩に大学の同期と夕食を食べた後、
寝不足で疲れていたせいか家に帰ってからワインが効きはじめ、
夜中に起きては吐き起きては吐きを繰り返した。

ワインって悪酔いするよね。

そんな体のまま早起きした今日、
バングラデシュ大使館とインド大使館に行ってみたら
体育の日、という祝日で休みだということが判明。

家に帰ってホームページを見てみると、
「両国祝日は閉館」。

。。。

落胆しました。

こうなりました。 orz

つくづく馬鹿だね俺って。知ってたけど。



最近は旅の準備をしつつ、資格の勉強をしつつ、
ITの勉強をしつつ、中国語のセミナー予約をしつつ、
とある高校でのキャリアセミナー開催の準備に勤しんでいる。

目的は、高校卒業後自分の将来したいことが全く見えない学生に、
大学進学、その後のキャリアビジョンを含めたプレゼンをして、
進路決定の参考にしてもらうこと。

毎年夏に帰国する度に、
ちょくちょく留学セミナーと称して、
高校でプレゼン・アクティビティを行っていた。

日本の大学と海外の大学を比較したり、
(その為に何度も授業に忍び込んで分析していた)
留学する場合のプロセスとその利点を紹介したり、
少しでも高校生の進路決定の参考になるような
インフォマティブなアクティビティを心がけていた。

そこで毎年来るたびに思っていたのが、
だんだんこの高校の生徒が、
自分の進路にいい加減になっているということ。

思い当たる原因はいくらでもあるが、
この現状を少しでも変えることができれば、
もっと多くの学生が夢を持って生きてくれれば、
という思いで今回のキャリアセミナーを企画した。

今年は特に、自分の進路もある程度方向性が見え、
高校の同期達も各界の第一線で活躍しようとしている。
そんな仲間達を集結させてのセミナー。
ワクワクしてくるな。

みなそれぞれ、俺のいた高校では
珍しいくらい主体的な生き方をしてきて、
高校生には大いに参考になるはず。
可能であれば保護者も巻き込んでのセミナーにしたい。

これから改めて企画書を作ったり、
先生方と打ち合わせをしたり、
慌しくなってくるでしょう。

こんなことをやってる最中なのに、
どうしても旅にでなければならない俺。

今じゃなきゃダメなんだ。
この土地じゃなきゃダメなんだ。
この人達に会わなきゃダメなんだ。

全部マネージできるか少し不安だけど、
友人の助けも借りながらやってやろう。

ま、なんとかなるでしょ。



あ、大使館は明日、再チャレンジします。。。


Imayu


アバカム!!!大使館よ開け!!!→
戦後日本は、機械化、経営方針の近代化による
酪農の大規模化、効率化を推し進めてきた。

トップダウン式に一方的に押し付けられたこの変革も
今ではだいぶ現場に浸透しつつある。

酪農家達は漠然とした危機感のもと、大規模化、
会社的経営方式の必要性などを感じているし、
いくつかの農家は周りに先立って大規模化を進めている。

しかしこれらの変革はあくまで「漠然」とした危機感の上に、
「漠然」とした変革の必要性を感じて行われているもの。
これらが具体的に将来性を見据えて行われているとは必ずしも言えない。

むしろ、大規模化や牧場の会社化は、
根本的な問題を解決しないまま、また気付きさえしないまま
行われている感がある。

そしてその漠然とした近代化は、おそらく失敗する。



(広大な土地は全て牧草のため。草ロールを一年で400個ほど作る。)


①土地の集約


まず、大規模化に必要な土地の集約が上手く行かない。

僕がアルバイトに行っていた北海道中標津の土地を
グーグルマップなどで見てもらえばわかるが、
すでに農場ごとに細かく土地が割られてしまっている。

農場は道路で区切られて、それぞれのブロックには
各農家の諸施設、経産牛舎、育成牛舎、子牛小屋、車庫、事務所などが
各農家の好みの位置に建てられている。

農家ごとに牧草地の場所は違うし、
すでに沢山の建物が建ってしまっているのに、
この建物を全て数箇所にまとめることや、
よく整備された道路をわざわざ壊して
牧草地を集約することは極めて非現実的。

わざわざ建物や牧草地をまとめなくてもいいじゃない?とも考えられるが、
土地の集約は、酪農を大規模化して効率化するには必須。
さらにはこれからますます重要になってくる環境的観点から見ても重要。

なぜなら、これだけ細かく牧場が分かれてしまっているせいで、
収乳タンカーは各農家をわざわざ回らなければならず、
余計な燃料コストがかかる。排ガスも出る。電気代もかかる。

しかも各農家ででたリサイクル可能なごみ(想像を絶する膨大な量)さえも、
燃料コストがかかるという理由で回収しない。
なので各農家はこの膨大な量のプラスチックごみを
家の焼却炉で何のためらいもなく燃やす。黒い煙がモクモクあがる。
(実際酷かったです。。。)

余計なコストを削減し効率化するためにも、
しかも環境保護的観点から見ても、
土地の集約は酪農近代化に絶対不可欠なもの。


②人の集約

酪農施設、人の集約も大規模経営に欠かせない。
それによって、更に多くの牛をより少ない人間で搾れるからだ。
人件費の削減は、効率化に最も有効な方法の一つ。

酪農家達も「漠然と」大規模化と会社経営の関係性を意識している。

しかし、自分の好きな経営方針で誰にも批判されずに、
人でなく牛を相手に酪農をしてきた人間が、
いざ会社を設立して一緒に仕事が出来るのか。

俺の働いていた牧場のおばさんが、
自分の経営方針が一番良いと断言すること、
毎日の様に他の牧場の批判をすること、
町内会の集まりで毎回のように意見が対立すること、
(しかもその批判・対立は建設的でないことが多い)
それぞれの農家が小規模、中規模、大規模と
好き勝手な経営方針を取ってそれを最良と思っていること、

これらの事実を考慮すれば、
答えは牛を見るより、いや、火を見るより明らかだ。


③会社化に対する意識

そして、酪農家達の「会社化」という概念は
やはり「漠然」としたもの。

酪農の会社化によって機械化、大規模化が進めば、
人員の削減が進む。
言い換えれば、沢山の人が今の職を失う。

具体的に例えると、
80頭ずつ搾っている農家が5件あるとする。
搾乳システムは非近代的な方法。
各農家夫婦で経営しているとして、人員は全部で10人。
この5件が会社化して、1牧場で400匹の牛を搾るようになる。
ここで近代的なパーラーシステムを導入すると、
おそらく仕事に必要な人員は、多く見積もっても半分の5人程になる。

という事は、会社化によって5人の酪農家達が職を失う。

酪農家達は、大規模化→会社化、という考えは一般に持っているが、
会社化・効率化→リストラクチャリング・人員の削減、
だということをわかっていない。

結局、頑固な酪農家達は会社運営ができず、
しかも人員削減という最も現実的な問題も見えていない。

これでは会社化が上手く行くはずも無い。



このように、酪農の大規模化・効率化、あるいは会社化は、
土地的集約の非現実性、人的集約の不可能性、
そして会社経営に対する意識の希薄さによって
妨げられる可能性が高い。



(4時間くらい延々と乗る)


さらに憂慮すべきなのは、
大規模化をする、しないに関わらず、
酪農の将来は極めて危険だということ。

それは2つの観点から言える。

1つは、親からのノウハウを継承できない牧場が増えている、ということから。
そしてもう1つは、新規就農する人間も、
大変な酪農の仕事をやりきる気概を持っていない、ということから。



酪農は「跡継ぎがいない」という言葉をよく聞くが、
それは半分本当で半分ウソだろう。

確かに、酪農家の子供達が、
ネットの普及などによって外の世界とのアクセスを持ち、
非近代的な第一次産業に対する興味を失いつつあることから、
親のあとを継ぎたくない、というケースは増えている。

※それに加えて、酪農家自身も自分の子供達に酪農を継がせたがらない、
というケースも観察できる。
彼らは数十年酪農をやってきて、酪農情勢が悪くなる一方なのを知っている。
そしてこれからもそれは悪くなるだろう、と観測している。
それが分かっていてわざわざ子供に苦しい思いをさせたくない。だったら他の・・・
こう考えて、あえて子供に牧場を継がせない農家も多々存在する。

一方で、学校を中退し職が見つからない人、
人とのトラブルに悩んだ人や、社会生活に馴染めない人が、
より自分に合った仕事を求めて新規就農するケースは増えている。

皮肉なことに、これも近代化によってもたらされたことだ。
より多くの情報に触れられるようになったことで、
普段意識さえしなかった第一次産業の道が、選択肢に加わった。


この構図に大きな問題がある。
結局、親の酪農を幼い頃から肌で感じて、
教わって、手伝った育った子供が牧場を継承せず、
一次産業の辛さを全く知らずにやってきた
いわゆる「よそ者」がそれを引き継ぐ。



そしてその「よそ者」は、


「動物好きだから」と楽観的に入ってきた時の気持ちが
一瞬で吹き飛ぶ位の現場の辛さに戸惑い、


ただ牛の乳を搾っていればいいわけでない複雑な牧場経営に圧倒され、


非効率的な経営をして、


大きな借金をして、


酪農を辞めていく。




このネガティブな構図が日本全国どこでも、
そして新規就農者全般に言えることではもちろんないが、
この構図において酪農の将来が暗いものであることは想像に難しくない。



このような酪農の構図、空気を現場で目の当たりにして、
俺は日本の酪農に強い危機感を感じた。


では、どうすればいいのか?


それには、日本の酪農で今まで大前提で進んできた
大規模化・効率化・会社化の根本概念をを改めて考え直さねばならない。

西欧的な近代化の概念が果たして正しかったのか?

広大な土地にバックアップされた
西欧諸国と同じ経営方針が果たして日本で成り立つのか?

では、日本の酪農はどうあるべきなのか?

日本に適した酪農経営方式とは?



これについてはかなり長くなってしまうので、
気が向いたら書きます。


Imayu


日本の酪農、かなりヤバいです→

10月1日、2日と内定式でした。

会場に着いてみるとすでにグループが
沢山出来ていて、おぉぉ、と圧倒される。

2日間、ひたすら経営方針、コンプライアンス、
各部署の事業紹介のプレゼンを聞き続け、
最後には山程の研修用の教科書を受け取り、
最後はグループで飲みに行ってきた。

プレゼンに関しては、色んな意味で不安にさせられた。
これは自分を見失わずにひたすら努力するしかありませんね。


初日は知り合った学生と2人で飲みに行った。
公認会計士資格を持っているにも関わらず、
監査法人でなく商社で働くことを選んだ彼。
すごく優秀で、いい刺激を受けた。
お互い目指す夢がリンクしていて、
いい感じで話ができた。

2日目は40人くらいのグループで飲みに行って自己紹介。
東大やら京大やら一橋大やら慶応大やらの学生が
面白おかしくプレゼンをする中、
カナダのノリで「ゆうちゃん、って呼んでください」と
言って見事に滑った俺。

あ~そういえば俺あんまり日本人の男の人とつるんでなかったな。
留学先に日本の男少なかったし。周り女の子ばっかりだったし。
そんな俺を優しくフォローしてくれる同期達でした。
日本の大学生に囲まれての飲み会は人生で初めてだったので、
凄く新鮮な気持ちで楽しめた。

隣に座った九州大学の院生は、
なんと偶然にもカナダはアルバータで石油開発の研究をしていた事があり、
カナダの石油事情の話と将来のビジョンの話で盛り上がった。
日本でこういう話を熱くできる人ってあまり会った事なかったから
正直安心した。


そんな内定式でした。


さて、いよいよ次に進みます。


立ち止まっている時間は無い。


Imayu

最近、実はお酒に強いことに気付き始めたImayuを応援→

「第一次産業は厳しい」

「酪農は精神的にも肉体的にもハード」

「日本の酪農情勢は悪くなる一方」

という言葉をよく耳にする。



ではどれほど大変なのか。

戦後進んだ農家の経営方針の変化(大規模化)はどのような結果をもたらしたのか。

昨今の原油価格、食糧価格高騰は、農家にどんな影響を与えているのか。






戦後の食糧需要の増加によって、
酪農家は機械化、大規模化を強いられた。


原始的な手搾りでは、1人1時間で2頭ほどしか搾れなかったのが、
レール型の搾乳機(ウチの牧場)によって、
1人1時間で2,30頭搾れるようになった。
更に技術化が進んでパーラーシステムが登場すると、
1人1時間で50~100匹搾れるようになった。




(パーラーシステム)



機械化は他方面にも進み、
増大する牛のエサを準備するためのトラクターが増え、
その牛から出る糞を除去するための車が増え、
何十、何百頭の牛に同時にエサを与えるため車が増え、
そのエサを移動するための車が増えた。

機械化によって、個人一人一人がマネージできる牛の頭数は
何十倍、何百倍にも増えたが、
それによって多額の債務を酪農家が抱えたのも事実。

そしてその額は何千万、何億という膨大なもの。
実際、上記のパーラーシステムを導入している農家は
何億という借金を当然のように抱えている。

高度成長期の日本では、このような多額の借金もできた。
国を揚げて、成長する日本経済、
増大する消費をサポートするための大規模化を推し進めてきた。

その結果、借金を返すために、
農家は12時間以上の労働をコンスタントに課すことになったが、
日本のバブル経済が崩壊するまでは、
酪農家も少しずつ借金を返していくことができた。



(こいつが宿敵の婆牛)


そこで酪農家を直撃したのが原油価格、食糧価格の高騰。


国家政策のもと機械化を進め、
機械への依存率が高くなった農家が
原油価格の高騰によって大きな打撃を受けている。

いまや全ての作業に原油を消費しなければならない酪農家にとって、
原油価格の上昇は酪農経営そのものを締め付ける要因となっている。



そして食糧価格の上昇。

牧草よりも乳量を上げるのに効率の良い配合飼料は、
ほとんどが輸入トウモロコシなどによって作られている。

機械化と同時に経産牛の生産乳量を高めようとしてきた酪農家は
配合飼料への依存率も高めていた。

今回の食糧価格高騰によって、
2003年からの配合飼料価格は25%も上昇した。

しかし、トウモロコシが高いからと言って牧草飼育に回帰して
絶対収入源の牛乳の量を減らすわけにも行かず、
利益が出ないのを分かっていながら配合飼料を使わざるを得ない。

原油価格、食糧価の上昇は酪農家にとってダブルパンチ。

※今年7月、北海道農業共同組合連合会(ホクレン)は、
畑作用の肥料の価格を75%上げることを発表した。



もはや昔ほどの利益がでない酪農家は、


高度成長期に抱えた多額の借金を返すことができない。


しかし一度上がった物価が元通りになることはほとんど期待できない。


しかも牛乳の価格(乳価)は下がる一方。


そして一度機械化した農具は高い費用を払ってのメンテナンスが必要。


結局更に借金を重ねての自転車操業を強いられる。




その結果農家は、更なる労働を強いられることになる。


跡継ぎのいない農家の平均年齢は上がる一方(現在50歳以上)。


そんな中酪農家達は身体に鞭を打って働いている。




「酪農30年以上やってきているけど、情勢は全く悪くなる一方なんだ。」

「もちろん、借金が出来た時期は酪農も景気が良かった。だから借金をしたんだよ。
みなさん(消費者)のニーズがあったんだもの。」

「辞めたい、なんて考えたことはない。
だって私達が辞めたら全ての経済が止まってしまうんだから。」



パソコンの前から一歩も動かずに、
できるだけ楽に金儲けをしようとして、
指先のワンクリックでお金を動かして、
その結果起こった原油と食糧の価格高騰。

そしてそのツケは全て第一産業の現場へ。
パソコンの前で実体の全く無い金融取引や
リスクコントロールをしている人間には決して理解しえない現場の苦しさ。



これほど如実に産業間の矛盾を感じたことは無かった。

一生懸命働いている人間が責任を押し付けられ、貧乏くじを引く歪んだ社会。

産業間の理解し合えない隔壁と、それ故に起こる矛盾した利害関係。



実際に酪農の現場で働いて、
今まで気付こうとしなかった、
理解しようとしなかった、
産業間の関係全体を俯瞰できるようになったと思う。

そして、これは世界レベルの途上国と先進国の関係の縮図であると感じた。


Imayu


サービス産業に生きる僕らも、
酪農家の苦労の上に成り立っています→ 

 

Calendar
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Profile
HN:
Imayu
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1985/05/13
趣味:
ドラム・筋トレ・読書・旅行・絵描き・マグカップ収集 etc...
自己紹介:
英語偏差値30の高校時代を経て、カナダ東海岸、St.Thomas Universityに留学。政治科学と人権学を専攻。専門はアフリカ人権問題とドイツ政党政治。2009年4月付けで、某財閥系総合商社へ入社。

先進国に生を受けたからには世界を相手に何か出来る事が、すべき事があるんじゃないか。「『日本人として』、世界という舞台で闘い、途上国の人々の未来を創る」という夢に向かって邁進中。ビジネスを通した途上国貢献の道を模索中。

''Watch your thoughts; they become words.
Watch your words: they become actions.
Watch your actions: they become habits.
Watch your habits; they become character.

Watch your character; for it becomes your destiny.''

※メール→imayu_canada[at]yahoo.co.jp(ブログ用)
Blog Ranking
Bar Code
Search
Interests












 







Visitors
"Imayu" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]