忍者ブログ
英語偏差値30からカナダ東海岸St.Thomas Universityに留学。卒業後2009年4月、某財閥系総合商社へ入社。
2017-071 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 06 next 08
1  2  3 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、リクエストがいくつか来た。考えてみれば、ESもESのシーズンになって急に質問が増え始めて、面接に関する質問もこれからかなり増えてくるだろうと思われる。

ので、今回は面接を受ける際の注意点について纏めておく。

結局のところ、面接は基本的に事前に提出したESをもとに行われるのだし、自分はESは面接官と就活生のリンクが大事だと考える。なので、特に注意する点はESとほとんど同じ。

ただ、面接はface to faceで実際に自分の考えを相手に分かりやすく伝えなければならないし、ESと違って集団面接のように他の就活生を強く意識しなければならない場面にも多々出くわす。その点も踏まえてポイントを以下に纏める。 





                       




<面接の際に気を付けること>




①「文章」と「言葉」の違いを意識する

自分の言葉で伝える、ということ。

ESで書いたことについて面接ではもう一度聞かれることが多いのだけど、それを読み上げるようにそのまま言ってはいけない。ESでは相手に伝える文章、面接では言葉で、場面が違うのだから伝え方も違う。それぞれ最適な方法で表現すべき。

Norm Chomskyが書く論文が恐ろしく難解でも彼のスピーチは非常に明快で面白いし、優秀なしばしば人間は自分の複雑な考えを相手に分かりやすく伝えることに長けている(残念ながら政治科学者には少ないのだが)。

こんな至極当たり前のことをわざわざ『』付きで強調したのは、これが出来ていない人が余りにも多かったから。「自己PRをしてください」と聞かれてESに書いたようなことをそのまま読み上げたり、事前に練習してきたようなフレーズをリピートしているような人が本当に多かった。

ここに気付かない人は、自己PRやエピソードは何とか話せたとしても、ちょっと面白い質問(無茶振り)には大抵答えられない。

ジェスチャーを交えるなり、「実はまだまだこんな面白いことがあって・・・」と自分らしい会話の切り出し方をするなり、面接こそ自分らしさを最大限に発揮するもの。



②面接後の反省を必ずノートに纏める

これも必須。面接に受かろうが落ちようが、必ず面接の後に反省をする。ESの時点での反省の効果は見えずらいが、面接の場合はすぐに結果に表れる。

面接官の印象はどうか、どんな質問をされたのか、どんな答えに手ごたえを感じたのか、どんな答え方がまずかったのか、どんなジェスチャーが良かったのか、なぜ受かったのか、なぜ落ちたのか、どの学生の印象が良かったか、など、思い出せることは全て思い出して反省する。

そこからどういった能力・視点・雰囲気を求めているのか、などなど、帰納的に考えられることを洗い出しよく考え、次の面接に反映する。

面接で聞かれることなんて本当に限定されたことなので、これを繰り返しているうちに面接に余裕が出て来、落ちなくなる。



考えてみたのだけど、以上の2点くらいしか書くほど重要な注意点が見つからない。やはり前回書いた、自分自身をHowとWhyで追求することが一番重要だと思うし、それが面接になったところで、基本的なところは何も変わらない。

ESと面接の一番の違いは、当然のように「文章」と「言葉」。この違いが何を意味するのか、自分なりに考えれば、上記の2点のような、最も基本的なポイントに行き着くのでは、と思う。

これからますます忙しくなる就職活動、頑張ってください。


imayu


Picture:
<http://youtube-tenshoku.sblo.jp/category/396895-1.html>

PR
ここのところ、エントリーシートに関する質問をかなりの数で受けているので、ここに簡単に纏めておこうと思う。ESの考え方や書き方は人によって違い、それぞれの考察に立脚したESこそが素晴らしいESになるのだと思うのだが、参考までにここに自分の考えていた点を中心に書いておく。



           
                                                                                Picture: RandallHMiller


<ESを書くにあたって気を付けること>



①自分の入りたい業界・会社の求める能力を自分なりに纏める

せっかく魅力的な自己PRや強みを書くことができても、そこでアピールする能力が、会社と業界の求める能力からかけ離れたものであっては意味がない(ex. マスコミに銀行的従順さ・堅実さをアピール)。まず、社長のコメントなり、会社のパンフレットなり、ウェブなり、社員さんの話を聞くなり、自分なりに情報収集して、その会社・業界がどんな能力を求めているのかを明確にする。



②自分のエピソードをHowとWhyで追求する

ある決断をした時や行動を起こした時、頑張った時など、自分はなぜそう思ったのか、どのようにそれを行ったのか、どうやって目標を達成したのか、その背景にある哲学や価値観をとことん追求する。その結果見えたものが、今までの自分の行動の基軸。そこから自分らしさや自分の持つ能力・強みを見つけ出すことができれば、どんな質問がきても答えられる。

ちなみに、留学生活で得られた大きなことの一つは、この追求する姿勢だと思う。



③自分の能力を用いて仕事でどう活かせるかを具体化する

②で考え抜いた自分の強みを、①で調べ抜いた会社の求める能力に落とし込み、そこで働いている自分を具体的なイメージに落とし込む。どんな業務に就きたいのか、3年・5年・10年後何をしているか、自分の目標に近づけているか、その際の業務を遂行する際に自分の強みをどう活かしているか、出来るだけ具体的なイメージを描けるようにする。そうすれば、自分自身(自分の強み・哲学・軸)と面接官(会社での業務)のリンクが出来、面接官に自分自身が伝わるようになる。



④自己PRの構成を考える

会社・業界の求める能力と自分の能力と軸が分かったら、あとは自己PRという枠に出来るだけ伝わりやすくなるように落とし込むのに。自己PRについては、強み(端的に)*それを証明するエピソード*まとめ(その強みをどう業務に活かせるか)の3段落締め、といった王道パターンをはじめとして様々な構成が考えられるが、自分の強みが一番伝わりやすい構成を自分なりに考えられれば最高。

その他にも、分かりやすいキャッチフレーズを作る、比喩を用いる、【】<>『』などの記号を使うなど、自分なりに工夫して、自分らしさ溢れるESを作ることができる。



以上の4つの点に気を付ければ、会社の求める能力と自分の強みをリンクさせ、面接官にも具体的イメージを喚起させやすい良いESができると思う。

特に②は重要で、いわゆる「自己分析」にかなり近い部分もあると思うのだけど、HowとWhyで自分をどれだけ深くまで探求・理解してブレない軸を持つことができるかが、ESだけでなく就職活動自体を満足に行うことができるかどうかの鍵なのでは、と思う。


面接編もこれからリクエストがあれば書こうと思います。


Imayu



<Realistic Dreamシリーズ進行中>

Realistic Dream (1) I am so lucky... 

Realistic Dream (2)  Top Down & Bottom Up

Realistic Dream (3)   The Third Path

Realistic Dream (4)   Beyond Anxities



さて、長らく続いてきたRealistic Dreamシリーズも今回で最後ですね。
前回のエントリーで、僕がなぜ商社というフィールドを選んだか、
というところまでの流れは書けたのではないかな、と思います。

TOP DOWN式の国際機関の途上国援助の仕方に納得できず、
BOTTOM UP式のNGO・NPOの援助のあり方にも疑問を感じた。
そして、その2つ以外の、「ビジネス」というフィールドで、
途上国支援ができるのではないか、と思った。

インフラ整備は、人間の最低限の人権だけを保障する
最もフェアな途上国貢献の仕方、と思い、
総合商社という特殊な業界で働くことに対して心配を持ちながらも、
ここで働くメリットは長い目で見ても大きい、と考え、
最終的にここの内定を受けることを決める。

そしてある日、就職活動で知り合った友人から、
あるベンチャー企業を紹介される。





     http://yootsuka-switch.up.seesaa.net/image/main_teresa.jpg



「途上国から世界に通用するブランドを創る」という理念を掲げる
そのベンチャー企業は、23歳の女性によって建てられた。

ワシントンでの国際機関インターンでの経験を通して、
TOP DOWN式の援助形式の途上国支援に疑問を抱き、
そのままバングラデシュへ。

そして現地で素材、生産者、工場を見つけ、
幾度のトラブルや裏切りを乗り越えて日本での販売に漕ぎ着けた。
現在では都内に4つの直営店を持ち、
優秀な人材を惹きつけて猛進している注目のベンチャー企業。

先進国の途上国に対する思いやりや哀れみで
商品を買ってもらうフェアトレードではいつまでたっても上下関係は解消しない。
先進国でも本当にブランドとして受け入れられるような
高付加価値商品を途上国で生産することで、
途上国と先進国の対等な関係作りが促せる。

シンパセティックな感情論に傾倒しがちな途上国貢献の理念を、
現実としてある世の中のシステムの中から実現していくには、
何よりも、誰よりも現実的で実践的な手段が求められる。


先進国の途上国に対する哀れみを取り払い、
途上国の先進国に対する甘えや依存を断ち切り、
お互いを真の意味で対等な立場に持ってくる。


それこそが、途上国の本当の底上げになるのではないか。



わーーーーーーーーーー!!!


衝撃を受けた。
これが正にTOP DOWNとBOTTOM UPの間を突いた、
いわゆるEQUALな関係に基づいた途上国支援なのではないか。

現地の生産者と顔を突き合わせ、
お互いがお互いの意見を主張しあい、
一方的でない共同でのビジネス作り。

これは、僕がずっと追い求めていた
something not TOP DOWN or BOTTOM UP
なのではないのか、と思えた。


本当に大きな衝撃だった。


23歳・・・僕は今23歳。
彼女が今の僕の年の頃、
彼女は単身でバングラに渡り、
あんな混沌とした国でビジネスを創っていた。。。



俺の行動力なんて、彼女の足元にも及ばない。



大きな、大きな衝撃を受けた。。。



この時の興奮は今までずっと冷めず、
結局、真実を少しでもこの目で確かめようと、
自分も一人バングラデシュに行ってしまった。

見えたものは沢山ある。




「途上国の「混沌」という状態は、想像を絶すること」



「そんな国で単身ビジネスを興そうということの大変さ」



「こんな最貧国と言われるようなところにも、希望は沢山埋まっていること」



「だからこそ、今世界中からモノが流れ込み始めたこと」



「バングラデシュでは、同じように熱い思いを持って活動している日本人が沢山いること」



「そして、現実的に夢を実現する方法もあるのだ、ということ」
(僕にとっても他のみなさんにとっても、これから、ですが。)




将来、自分の一番プラスになるビジネススキルが見に付けられる場所として
商社を選んだことは正しかったのだと思えた。
もし納得行かなかった場合は、その時はその時。
自分の納得の行く道を見つける・創りだせばいい。

そして、今この瞬間も、
こうして様々な形で途上国貢献を実現しようとしている
人が沢山いる。その事に焦りも感じている。
クヨクヨしている暇なんてない。



今自分にできることを、最大限しよう。
一歩でも、前に進もう。



Realistic Dream




夢をこの現実世界で叶える。
そんな事を追求している人はこの世界に沢山いる。
そしてそれは可能だと思う。絶対に。



「『日本人として』、世界という舞台で闘い、途上国の人々の未来を創る」



この夢を、この世界で、現実的に叶えるために、
まだ僕は具体的にどんな方法が一番納得が行くのかわからない。



でも僕は、これからもこの夢を追い続けたい。
途上国の未来を創りたい、という夢も見続けながら、
時には目が覚めそうなくらい痛い理不尽な現実から、目を背けることもなく。



Imayu



なんか最終回みたいな結びですけど、
ブログはまだしつこく続きますよw



 


<Realistic Dreamシリーズ進行中>

Realistic Dream (1) I am so lucky... 

Realistic Dream (2)  Top Down & Bottom Up

Realistic Dream (3)   The Third Path



国際機関やNGOの国際貢献、途上国貢献のやり方に納得できず、
偶然、商社のニュース記事に出会う。
ビジネスを通した国際貢献のやり方に深く興味を持ち、
商社を受けることを決意する。
商社を自分のキャリアとして考えた時に幾多の心配もあったが、
メリット、デメリットを考慮した結果、
今自分が取れるベストな選択だという考えに至る。






                                                          Vermeer  ''Woman holding a balance''


僕は商社を受けることに決めた。
しかし、商社について詳しく調べていくにつれて、
デメリット、心配すべき点もわかってきた。



インフラがやりたくても、その部署に配属になるかわからない・・・



それどころか、営業職にさえ関係ない財経理税務の仕事も有り得る・・・



年功序列、組織の強い力・・・日本企業特有の風土・・・



変わってきた事業形態、事業投資ビジネスでどこまで現場に関われるか・・・




心配な事はいくつもあった。
しかし、考えてみれば、
これらの心配事はある意味、取り越し苦労。
所詮入ってみなければわからない仕事の現場。
ましてや、ただでさえ事業内容が把握しづらい商社の仕事。

事前にあれこれ考えすぎて
大切なことを見過ごしてしまうのは僕の悪い癖。
ここはひとまず落ち着いて、
デメリットとメリットを比較してみることが大切と思った。

さんざん悩んで、ビジネスを通しての国際貢献、という所まできたのだから・・・


<デメリット>

デメリットと言っても、
商社で働いて自分にでる悪影響などなかなか想像し得ないもので、
心配事とデメリットはほぼ同じものとして考えていた。


1.インフラビジネスに携われない可能性

2.日本企業特有の風土によって思うように学びたいことを学べない可能性

3.近年の事業投資型ビジネスへのシフトによるイメージギャップ

4.利益至上主義マインドを刻み込まれてしまう可能性


などが心配だった。
配属や企業風土の心配に加えて、
収益形態が事業投資に移ったことによって、
現場に関わる仕事が減ってしまうのではないか、
という懸念と、

「生馬の目を抜く」と言われる商社のビジネスに携わって、
利益を追求するマインドが強くなってしまうのではないか、
という心配があった。

商社の社員に実際に話を聞けば、
ある程度解消できるであろう心配ではあったのだが、
大学からでた商社に入ったOBがゼロ、皆無であった僕は、
やっとの思いで2人の社員に会えただけだった。

結局、全く疑問が晴れず、ここで商社で働くメリットを考えた。
すると、意外なことに、商社という環境に身を置くことは、
たとえインフラ事業に関われないとしても
自分にプラスになるのでは、と考えられた。


<メリット>

1.海外経験が豊富に積める

これは自分にとって最低条件だった。
途上国貢献を目指す人間として、
英語をツールとして使うことは当然と思っていた。


2.悪くない給料

さんざん無理を言って親に負担をかけてきたので、
せめてある程度の恩返しができれば、と思っていた。
そして、もし自分がやりたいことが商社で実現できなかった時、
その時行動に移す時の資金にできると考えた。


3.日本でビジネスを起こす、事業経営の経験ができる数少ない業種

これは自分にとって最も重要で、
最終的に商社を就職先とした決め手となった。


「なんでImayuはそんなにやりたいことが明確にあるのに自分でやらないんだ?」


「なんだ。Imayuは起業したいのか?」



親友にそう言われた。



その時僕はハッとした。
そうか、自分で創ればいいのか。

今はインフラを通して途上国に貢献できれば、という思いがあるが、
もしできなかった時は、自分の納得できるカタチで夢を実現すればいい。

もちろん口で言うほど簡単なことではない。
しかし、色々な道を考えて心から自分が納得して
夢を実現できる場所を見つけられていなかった自分にとっては、
その一言が新しい選択肢を与えてくれた。

より多くの人に自分の悩みを聞いてもらうにつれて、
沢山の友人からも、両親からも、妹からも
同じことを言われ、次第に確信を持ち始める。


そして商社の話に戻る。
近年の事業投資型ビジネスモデルへの移行によって、
商社の業務は、資金とヒトの両方を投資し、
その投資先の計数、事業管理することが主となった。

商社の仕事はそもそも利益を生む仕組みを作り出し
その仕組みを経営することによってリターンを得る。

こういった業務を通じて経営のノウハウを学べるのは商社だけだと思った。
利益を生む仕組みを見つけ出す力を付けられるのも商社だけだと思った。

そして、将来自分の本当に納得の行くカタチで夢を実現しようとした時に、
自分に最もプラスになるスキルがつけられると思ったのが商社だった。



こう考えて、商社は自分にとってベストな選択肢だと確信した。



ちなみに、インフラにこだわって、
某大手重機メーカーも一社だけ受けたが、
最終的に上記の理由で断った。



長い目で見て、自分の夢に近づけるのは商社だと思ったから。


もちろん不安もあるけれど、ここまで悩んで決めたのだから、


一生懸命、頑張ってみよう、と思った。




ようやく自分の進むべき道が見え始めた気がした。





・・・

そこで、友人が僕にとあるベンチャー企業を紹介してくれた。

それに僕は大きな衝撃を受けることになる。


自分の進もうとしている道が間違っていないという確信と、
一方で、本当に前に進むためには一刻も無駄にしてはいられないという焦燥
こんなアンビバレンスを感じるきっかけとなった。


Imayu



昨日電車で就活セミナーから帰ってきた学生を見かけました。
ガンバレ!→ 


<Realistic Dreamシリーズ進行中>

Realistic Dream (1) I am so lucky... 

Realistic Dream  (2)  Top Down & Bottom Up



国際貢献。。。

発展途上国に貢献する方法をずっと探していた僕は、
Top Down式で途上国の現状が見えていない国際機関に嫌気がさし、
苦しい生活と徒労を感じてしまうであろう
Bottom Up式のNGO・NPOにも疑問を感じ、
また振り出しに戻ってしまった。

そんな不安を打ち消すためにより勉強に打ち込んだ。

そして、朝いつものようにニュースをチェックしていた時、ある記事に出会う。







総合商社M、アブダビにて発電事業を受注。

。。。

ん?発展途上国でインフラ?

。。。

そんな仕事があったのか?

。。。

ビジネスか。
インフラを建てることはその国の経済の底上げになるし、
何より発電事業はその地域に電力が通うってことだよな。
今まで電力が無かった所に発電所を建てる。。。

ビジネスを通しての途上国貢献。。。

こんなやり方もあるんだな。
そういえば商社、って聞いたことあるな。
商社マンとか。そういえばどういう仕事してるんだ?
なんで商社マンって言葉があるんだ?

朝はこの程度のことしか考えていなかったが、
学校へ行っても1日中そのことが頭から離れず、
帰宅した瞬間商社について調べ始める。



地下鉄、道路、発電所、海水淡水化装置、排ガス分解装置・・・

人間力が・・・

生活産業、機械、エネルギーから金融事業まで・・・

口銭・貿易仲介ビジネスから事業投資モデルへ・・・

川上から川下までのバリューチェーンを・・・

投資先に人を送り込んで積極的に経営に関わって・・・



漠然としていた商社像が少しずつ明らかになってくる。

この時僕は、
「商社でなら、現場に携わって明確な結果の出せる途上国貢献が、
途上国に貢献すること(Ideal)と利益・明確な結果を出すこと(Reality)
のバランスが取れるんじゃないか」と思い始める。

こんな方法もあったんだ。

この時の僕にとって、まさに目からウロコだった。



特に僕は、途上国のインフラ整備事業のアプローチに大きな魅力を感じた
それには、自分の人権に対する価値観との関係がある。

人権学を専攻しているにも関わらず、
僕は普遍的人権には懐疑的だ。
表現の自由?報道の自由?信条の自由?集会の自由?移動の自由?

これらの価値観は、各文化によってそれぞれ定義されるもの。
文化によっては表現の自由が限定されることだってあるだろうし、
人が何を信じるかを自由に決める前にそこにすでに
宗教文化が根付いていることだってあるだろう。

そこに生まれた大部分の人間は実際
その文化に何の疑問も持たずに生活しているし、
今まで実際そうやって文化は続いてきた。

普遍的人権学の権威Jack Donellyでさえ、
「非人権的な」インドのカースト制度がなぜ大衆に
これほどまでに受け入れられ、秩序を保っているのかを
論理的に説明することを放棄した。

そんな、各文化によって大部分が定義されてしまうような価値観を
(Culturally Relative)
大多数の国連加盟国が世界人権宣言に合意したからと言って
統一なんてできるはずがない。

国連の空気をこの身で感じてきた。
国連なんてただの政治的な道具になりかねない。
その国連で、政治的に採択された「宣言」に
人のHonestyがどれだけ含まれているか。
俺は悲観的にならざるを得ない。

じゃあ、結局人はみな文化ごとに好き勝手やっていていいの?

俺はそうではないと思う。断固として無い。

問題は、人はどこまで普遍的な価値観を持っているか。

人間の欲求や願望を突き詰めていくと、
「生きたい」という気持ちに行き着くと思う。

これだけは、生物として当然の願望であるし本能。
この感覚だけは、世界60億人全員が共感することだと思う。
(様々な外的要因から生まれる自殺志願者は特殊な例だろう。)

だから、自分が人権の中で本当に尊重されるべきだと思うのは、
Right to Life、生きる権利。当たり前だけどね。

生きる権利、これはその他の文化や
場合によっては権利が育つ土壌だと思うし、
逆に、人の生命を犯す可能性の高い文化的習慣であれば、
その是非は問われるべきだと考える。

だから、アムネスティやHRWなどの報道活動については
必ずしも納得していなかった。
「~の文化は表現の自由を犯している」だとか、
「~の国は人の自由を保障していない」だとか。
それは、各文化の習慣もあると思うし、
実際にそれよりまず保障するべき権利があるだろう、と考えていた。
(もちろん、それもしばしば報道されているけれど。)


この、人権学では至極ポピュラーな、
Cultural Relativism-Universal Human Rightsの論争の中で
自分なりに見つけたバランスが生きる権利。

これが、俺が真に納得して尊重できるものだった。

だから、人の生活を保障するためのインフラ開発・整備事業は、
自分の価値観に一番合致するものだった。



Top Downでも、Bottom Upでも無く、
ビジネスを通して、途上国の人々の生活を創る。。。


この時点で僕は、総合商社を受けることを決めた。



・・・のだが、もちろん納得していない点、疑問な点もあった。

細かく調べていくと、
実際に100%インフラに携われるわけではないし、
そもそもインフラ事業自体、
本当に途上国の人々のためになっているのか分からなかった。

所詮インフラ事業もトップダウンなのではないか?

全く関係のない財経理税務部配属になる可能性だって否定できない。


心配な点は山ほどあった。


それでも、総合商社に入る自分のキャリア・将来に対する
メリットとデメリットを比較した結果、
総合商社は、今の自分にとってベストな選択肢となるであろうことを確信した。


このことについて次のエントリーでは書きたいと思う。


※お気づきの方も多いと思うが、このTop Down&Bottom Upや、ビジネスを通しての社会貢献という考え方は、とある僕の尊敬するベンチャー企業の理念にかなり近いと思う。この会社のことは、とある友人が僕に教えてくれたのがきっかけで知ったのだが、衝撃だった。なんというか、うれしい悔しさを感じたし、自分の将来を更に深く考える、大きな出会いだった。


このことについても後々書きたい。


Imayu


Top Down→Bottom Up→Business→ 

Calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Profile
HN:
Imayu
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1985/05/13
趣味:
ドラム・筋トレ・読書・旅行・絵描き・マグカップ収集 etc...
自己紹介:
英語偏差値30の高校時代を経て、カナダ東海岸、St.Thomas Universityに留学。政治科学と人権学を専攻。専門はアフリカ人権問題とドイツ政党政治。2009年4月付けで、某財閥系総合商社へ入社。

先進国に生を受けたからには世界を相手に何か出来る事が、すべき事があるんじゃないか。「『日本人として』、世界という舞台で闘い、途上国の人々の未来を創る」という夢に向かって邁進中。ビジネスを通した途上国貢献の道を模索中。

''Watch your thoughts; they become words.
Watch your words: they become actions.
Watch your actions: they become habits.
Watch your habits; they become character.

Watch your character; for it becomes your destiny.''

※メール→imayu_canada[at]yahoo.co.jp(ブログ用)
Blog Ranking
Bar Code
Search
Interests












 







Visitors
"Imayu" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]