忍者ブログ
英語偏差値30からカナダ東海岸St.Thomas Universityに留学。卒業後2009年4月、某財閥系総合商社へ入社。
2017-051 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 04 next 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DreamTheater(ドリームシアター)というプログレバンドがいます。



           



■Live at Budokan

 
ロック・ヘヴィメタルからジャズ・オペラまで様々な音楽要素をメタルを軸に高いレベルで融合し、新たな音楽ジャンルを築き上げているこのバンドは、1985年にバークリー音楽院の仲間によって結成されました(今年はグラミー賞にもノミネートされましたね)。
 
バンド仲間からの話を切っ掛けに高校1年でこのバンドに出会って以来、ドリームシアターは自分にとって特別な存在で、その中でも特に自分に大きな影響を与えたのがドラマーのマイク・ポートノイ。膨大な数のタム・シンバルをフルに用いて鮮やかに曲を盛り上げる彼のプレイスタイルとその高い演奏技術に憧れて、高校時代は毎日最低5時間はドラムの練習をしていました(70分以上に渡るひとつのアルバムを最初から一音残らず完コピしたり)。



           
 

 
新しい音楽への飽くなき挑戦の為、ドリームシアターのメンバーは度々入れ替えが有りましたが、2010年の終わり頃にマイク・ポートノイの脱退を知った時は衝撃を受けました。マイクは、ギターのジョン・ペトルーシ、ベースのジョン・マイアングと共にDreamTheater結成時からのコアメンバーの1人であり、ドリームシアターの歴史・音楽性そのものだったからです(DreamTheaterというバンド名も、マイクの父親が付けた)。
 
彼のプレイが無ければ私はドリーム・シアターを好きになっていなかっただろうし、ドラムに打ち込むことも無かっただろうと思います。その彼が脱退することは、自分にとってのドリームシアターが無くなるのと同義でした。
 
次のドラマーは誰になるのだろう。期待と不安の入り交じった気持ちで発表を待っていましたが、オーディションを経て選ばれた新ドラマー、マイク・マンジーニの名前を見た時は、正直「やっぱり!!!」という感じで、嬉しい気持ちもありつつ、「思った通り」でもありそこまで気持ちは高揚しませんでした。



             


 
彼は幼少時代からドラムを始めバンドを中心に活動していましたが、大学では全く関係の無いコンピューターを専攻する等、メンバーの殆どが音大出身のドリームシアターのエリート達とバックグラウンドが違います。
その一方で、シングルストロークで1分間に1247回叩くという世界記録を保持していたり(これは1秒間に片手で10回叩く計算になります。人間じゃない 笑)、ほぼ左右対称に設置されたドラムセットで同じフレーズを演奏出来たりと、高い技巧で非常に有名なドラマーです(ドラマーは両手両足を使いますが、左右同レベルでの演奏は非常に難しいし、プロでも両利きのドラマーなんて殆どいません)。
 
オーディションに受かってスティーブ・ヴァイのコンサートにも同行し、DreamTheaterメンバーの母校であるバークリーで教鞭を執り、独自のドラム理論に関する著書も出版する等、高いレベルでのバランス感覚を備えたドラマーです。
(学生による教授評価口コミサイトRateMyProfessor.comによると、彼はVespaで通勤しているらしいw)
 
ドラマー選出のオーディション映像は最新アルバムに同梱され、youtube上も公開されていますが、そこでのマイク・マンジーニの姿に自分は強く心を打たれ、色々感じるところがありました。

 
※各エピソード20分と長いのですが、最初と最後だけでも見てみて下さい。あと、オーディション参加のドラマーは皆「超」が付く一流ばかり。同じ曲を夫々違うドラマーがどう解釈し叩くのかもとても面白いので、時間があれば是非意識して見てみて下さい。

 
今更バンドになんか参加しなくても十分に食って行けるし、黙っていても仕事が舞い込んで来る様な彼がドリームシアターからのオーディション招待を受けた時、彼の顔は何か面白いことを見付けた子供の様にキラキラ、ワクワクしています。
出されたお題に対する演奏もダントツでクオリティが高く、教授をやりバンドもやりながら超多忙な中、相当な練習をしてきたのが伺えます。
 
又、本当に人の演奏を良く聴いていて、ドラムの一音一音にドリームシアターというバンド、メンバー一人一人に対するリスペクトが感じられます。しかも、ドリームシアターが築き上げて来た歴史を理解・尊重しながら、媚びず、彼らしさは絶対に曲げない。言うべきことはしっかり伝える。
この様子を見ながら、彼はオーディション1人目でありながら、「これはもうマンジーニに決まりだな」と確信しました。
(迷ったとすればマルコ・マイネマンかな)
 
最後に自分の心にズキューンと刺さったのが、彼がオーディション合格の電話を受けて、涙を流すシーン。彼は今48歳ですが、世界一のギタリストと共演して音大の教授である彼が、この年でバンド加入の誘いを受けて泣く。熱いなあ、カッコいいなあ、と心から思いました。
これだけ多くのことを成し遂げてきながらも純粋な心で夢を追い続ける彼の姿に心を打たれ、思わず自分も泣いてしまいました。
(ドリームシアターが彼を選んだ決め手も、技術より何よりここにあったのではないかと思います)
 
幼少時代にバディ・リッチをコピーする程の腕前がありながらも大学時代は音楽から離れ、卒業後はバンド活動とドラム講師活動という積み上げ時代を経て、世の中の複雑さや難しさを沢山見てきたはず。地位と安定した職を手に入れて、落ち着いてもいいかな、と思ったこともあったはず。それでも自分が最高に好きな音楽を、最高のバンドで創り上げる。
 
そうだよなぁ。そうやって生きた方が楽しいよなぁ。
彼はドリームシアター加入決定後、バークリーの教職を辞してバンド活動に専念することを発表しました。
 
 
マイク・ポートノイの脱退は本当に悲しいのだけど、マイク・マンジーニの姿勢からは多くのことを学びました。
(あと、トーマス・ラングの''It would mean a lot to me to find a home as a musician, as a drummer.''という言葉も心に残りました。)
 
 
imayu / 4/30の横浜アリーナは勿論行きます!!!









 
PR
最近の息抜きと言えば、
2週間に1回あるジャムとエコノミストを読むこと。

今学期になって初めて会った仲間はやればやるほど上達して
今ではお互いそろそろどんな事をやろうとするかが分かるようになった。

ジャムってのは面白い。
その人の好みの音楽、性格から無意識なクセまで、
表から裏までの色んな要素が全て絡んで1つの音楽ができる。

違う国の人とジャムするのは何か違うのかな、
とする前までは思ったけど、全く違いなんてないのね。

どこにいようが誰とやろうが、
ジャムしてる間は爆音を全身で感じて、
ただそこから生まれるビートに身を任せるのみ。

音楽って凄い。

もちろん曲も選んでコピーしたり、
最近はギターのKyle君が妙な曲を作ってきたりとバラエティに富んでいる。
大体1週間に2曲くらいバンドのメンバーが選んでそれを練習する。
選ぶ人は毎回変わって、かれこれ15曲くらいレパートリーがある。
(レッチリのDani Californiaから始まりハイロウズまで。)


ただ不満なのは、俺の選ぶ曲がもっぱら却下される事。笑
Mad at Gravity のWalk Away
同じくMad at GravityのBurn (映画、『サラマンダー』英題:Reign of Fireの主題歌)
の2曲は練習はするけどやる頻度が圧倒的に少なく、
Deep PurpleのBurnは「古い」との理由で却下。笑

何でだ!?
俺のセンスはそんなに悪いか!?
レッチリを選んだのも俺だぞ!?
う~む。

と、最近のジャムの様子。
とある方が写真を撮ってくれたので掲載~。





ぽっちゃりキュートなイアン君。








Mr.Distortionことベン君。






勤勉なカイル君。






Imayu。






記事のこの部分は削除しました。
  配慮に欠けた内容を掲載してしまいご迷惑をおかけしました。
 ごめんなさい。

 


結構楽しんでます。

とは言っても、バンドってなかなかみんなが同じ方向に行くのって難しくて。

日本でギターの専門学校をトップクラスで出て(プロ)今大学生をやっている友達が、
「バンドで上手くいくってのは奇跡だ。
音楽のセンスからスキルと性格と全てがマッチするなんてほとんど不可能だよ。」
と言っていたのを思い出す。
まあたかがジャムですが。されどジャム。

高校時代は俺も本気でプロになろうと思って練習していたのが懐かしい。
腕前は全く鈍っていないけど(むしろ上達してる)、こうやって趣味レベルで
時々集まって心を通じ合わせるのが一番楽しいのかもしれないなぁ。


こうやって音楽を全身に感じて、
心に電流を流してやるのも必要だ。


Imayu


アナタの心にも電流を!!!→ 

土曜日の夜7時から10時まで、
久々に友達とバンド練習をやってきました。

曲は特に決めずジャムるのみ。
それでもだんだん皆の呼吸が合ってくるのが心地良かった。

友達の撮ってくれた写真でダイジェスト版をお届けします。






自分の世界に入っていたヒゲ面の彼(左)。          イケ面マーティン君(右)。  




 

                 
                               キレの良いカイル君。







こいついい顔するな~。













           
                                       初登場Imayu。







           
            企画者のマップル君。







真っ直ぐな美声を響かせてくれたH君。






    
    更に自分の世界に入っていた真ん中のヒゲ面の彼。







         


と、本当に気持ちの良い時間を過ごしました。

やっぱ一眼レフはすごいな~。実際に見るよりも鮮やかに撮れるな。

また近々集まります。

さて、学校もあと残すところ2週間。ガンバろー!!!

うい~。
今日からマキャベリのエッセイのためのアイデアを練り始めた。
STU Research Fairの要約
そろそろ提出しなきゃいけないのに
まだ全く決めてない。笑
明日教授の所にいって
俺の考えてる事が大丈夫かどうか聞いてきます。

なんとなく更新したい気分なので今日は俺の宝物を紹介。



Pearlのスネアドラム
カラーサイズ金具の種類から
素材の種類厚さまで全部自分で選んだ特注品。
本当は金具はブラックメッキがよかったんだけど、
予算オーバーで断念。笑 かれこれ買って4年くらい経つのか。
薄い胴から響くメイプルのあったかい響きがいいんだ。
スナッピーとの相性も良くて細かい音もしっかり拾ってくれて・・・



はい、日本の俺の部屋にあるドラムセット
もう俺の部屋はベッドとドラムしか置けません。
シンバルや太鼓をコツコツ買い足し
今ではこんなに巨大に。苦笑 もう何も足せない。笑
夏に日本に帰るたびに2時間ほどかけて押入れから引っ張り出します。笑
このイスも一番安いモデルなのに凄く座り心地がいいんだ。
あとこのAAXのハイハットシンバルもめちゃ反応が良くて・・・
ああ、叩きてぇ。。。。。。。。。ポコポコポコ。。。。。。。。

 

 

 

 

・・・・

 

 

 

 




今の俺の(カナダの)ドラムセット。笑
普段の練習ならこれだけで十分。
白いのはメトロノーム。日本から持ってきた。
安いのに♪=40~2083連、6連符にも対応
デジタル式なので振り子型と違って
電池が消耗してもリズムが崩れる事も無し。
キーも入っているのでチューニングもできます。
いいんだよ、コレで練習してパラディドル♪=200で出来るようになったんだから。。。

はい、マニアックな話はそろそろやめにして
お風呂に入ります^^

うおおおおおおおおおおおおおおお!!!
比較政治学の中間テスト終わったー!!! (゜ д  ゜)
教科書250ページ分からの出題。。。
中々の出来。辛かったけど。


どうもー。Imayuです。
先日書いた通り忙しくしております。

人権哲学のエッセイプロポーザル(1ページ)は
無事終わり、リサーチも60%ほど終了。
ドイツのグランドコーリション良質の資料
運良く見つかったのでもうすんなり進みそう。
アリストテレスも読み終わったので後は
頭の中でグルグルしてまとめるのみ。
国際政治学のセオリー適用エッセイは今日始める予定。
日本の移民のプレゼンもミーティングを数回こなし、
今日の最後のクラス(7時まで)の後に
社会学のプレゼンのミーティング。


今週はまた色々起こったなぁ。
日本では、イジメの問題に北海道の竜巻、
ナンバーポータビリティによるマーケットの変革など、
カナダでは、インカムトラスト(income trust)問題に
おいての保守党の選挙公約破りがあり、
国際的には、北朝鮮の急な(六カ国?)協議(復帰?)提案、
アメリカの中間選挙にフセインの死刑判決、などなど。

興味深い事が盛り沢山。
とりあえず、人権、そして政治両方に深く絡んでくる
フセイン死刑判決の是非、死刑における議論については
次の日記でこれでもか、というくらい書く
として、
今日は、ラーメン茹でてる間にドラムの事書きます~^^

中学を卒業すると同時にドラムを始めてかれこれ6年。
一時は本気でプロになってやろうなんて無謀な事も考えて
今はなぜかカナダで政治と人権を勉強している。笑
そんなImayuが一押しのお気に入りドラマーを紹介します。

とりあえず一番好きなドラマー。


                               retrieved from the drummerworld.

Benny Greb (ベニー・グレブ)

ドイツのミュンヘン近郊、アウスバーグ生まれの26歳。
この人はスタジオミュージシャンで、特定のバンドやグループに
所属しているわけではないので、世界的に知られているわけではない。
でもスタジオミュージシャンとしてはかなり有名。
日本でいう、そうる透みたいなものか。
26歳の若さでジャズからポップス、ロックまで幅広くこなし、
そのグルーブ(リズムの心地よさ)、プレイの安定性は定評がある。
とりあえず百聞は一見にしかずなので、
下のリンクから聴いてみてください^^
音楽なので一聞は百見にしかずかもしれないけど。笑

Grebfruit (彼のソロアルバムより)
※最初の1分くらいドイツ語で喋り続けます。根気強く待ってね。

Drum Solo
(モントリオールドラムフェスティバルでのドラムソロ)
※左足に注目。足でリズムのベースを作り、スネアドラムを左足で叩く。

気に入った?この人は手でも叩くし、お茶目だし話は面白いし大好きだ。
何よりもドラムの一つ一つの音の強弱のメリハリ
そして各音のタイミングこれらがぴったり決まってグルーブが生まれる
ドラムって、「体がバラバラに動くのがすごい」って思う人が多いけど、
実際に、体が動く事と、体でリズムを創る、という事は全く違う事。
グルーブは個人個人で違うし、
それを身に付けるためには練習+センス・才能が必要。
体は練習すればだれでもある程度動く。例外もいるけど。
そういう意味で彼の才能は抜群。聴いていて気持ちいい
ドイツ、オーストリアは何故かいいドラマーが多い。


二番目に好きなドラマー。


                               retrieved from the drummerworld.

Antonio Sanchez (アントニオ・サンチェス)

メキシコ生まれの35歳。特にジャズやラテン音楽の分野で活躍。
この人もスタジオドラマー。この人のドラムソロは最高にうまい。
グルーブもラテン独特のハネてる感じがあるし、
すごく気持ちよさそうにドラムを叩く。
最近ソロを聞いてて一気に好きになったのであまり詳しく知らないんだけど、
とりあえず聴いてみて。

Drum Solo(Modern Drummers Festival)
アメリカの大手ドラム雑誌、モダンドラマーが主催する祭典。
今人気のあるドラマーを集めて、彼らはドラムソロ+曲を披露。

ポクポクポクポクポクポクポクポク・・・・・

この音。左足でずっとキープしてる。
カウベルとシンバルを交互に踏んで
ソロのベースリズムを作る。左足でリズムをキープして、
その他の右足と両手で自由にドラムをプレイ。
このプレイの安定性シンバルのアクセント
音のボリュームの波スピード感
どれをとっても彼にしか出来ない技。
ちょっと頭のてっぺんがなのはあれだけども、
まあカワイイハゲさん、という事で。笑
とにかく聴いていて気持ちいい+巧いドラマーが好きなんです。


はい、三番目に好きなドラマー。


                                             retrieved from the drummerworld

Mike Portnoy (マイク・ポートノイ)

知る人ぞ知るあのDreamTheaterのドラマー。
Progressive Rock(革新的ロック)をこの世に広めた人であり、
G3でのサポートドラマーとして世界中で活躍。
日本にも3年おきくらいに来ています。
メインストリームとは一歩離れたジャンルの音楽活動をしているので、

知らない人も多いかな。

ちなみに、Progressive Rockとは、
ロックミュージックの基盤は変えずに、
それをさらに新しい方向に持っていく音楽。
たとえば、ロックとジャズの融合不規則な拍子
クラシック要素を取り入れたり、
アルバム1枚を1つのストーリーとしてまとめて
ミュージカルのようにしたり

でもそのベースには、ハードなギターサウンド、ソロにドラムなど、
ロック、メタルの軸も残す。とにかく何か新しい事をするって事。
明朗な定義は存在しないので解釈は任せます。

Hell's Kitchen (アルバム''Falling into Infinity''より)

Glass Prison (アルバム''Six Degrees of Inner Turblence''より)

Drum Solo  (ドラムクリニックにおいて)

この人のテクニックには賛否両論あるけど、
俺はこの人の体から湧き出てくるようなロックなグルーブが好きだ。
他の2人とはちょっと違うでしょ。一打一打が主張する感じ。
DreamTheaterは大ファンで来日した時もライブに行った。
凄かった。リズムに小さいシンバル(スプラッシュシンバル)を
織り交ぜて絶妙なアクセントを付ける。
この人は左手のスティックを反対に持つんだよね。
音量を大きくしてパーカッシブなリズムを強調するためか。

他にも沢山好きなドラマーはいるけど、
とりあえず他にいくつか挙げておこう。

Thomas Lang (トーマス・ラング)


           (画像クリックでリンクに飛びます)

両手両足自在に使いこなすテクニシャン。
ちょっと正確すぎて機械的なリズムだけど、
そのキッチリさが好きな人もいる。
オーストリア生まれのイケメン。


Virgil Donati (バージル・ドナティ)

 

                  (画像クリックでリンク)

変なところにドラムがある。それを使いこなせる巧さがあるから。
この人はおそらく世界で一番四肢がバラバラに動く人
左足で5連符、右足で4分、左手で16分、右手で三連符、みたいに、
完全に手足がバラバラに動く。今知る中で一番のテクニシャン。
一生ドラムだけやっててもここまでは巧くなれないと思う。。。
オーストラリア人。


Mike Mangini (マイク・マンジーニ)


                   (画像クリックでリンク)

WFD(World Fastest Drummer: 世界最速ドラマー)コンテスト
で、一分間で1203回叩く、
という世界記録で優勝した世界最速ドラマー
一秒間に片手で10回叩く計算になる。笑 
試してみな。ありえない。笑
しかも完全に両利きらしく、
ドラムが完全に左右対称にセットされていて、
曲中に左右を入れ替えたりする。ありえない。笑
学術的にも著名で、アメリカの名門、
ボストンバークリー音楽院の教授もしている。
すごくいい人そうだし、人気の教授でもあり、
実力も世界トップレベル。すごい。アメリカン。

世界にはものすごい人間が存在するんだなぁ、つくづく実感。。。

誰か気に入ったドラマーはいました?
今日はお終い。^^

Calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Profile
HN:
Imayu
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1985/05/13
趣味:
ドラム・筋トレ・読書・旅行・絵描き・マグカップ収集 etc...
自己紹介:
英語偏差値30の高校時代を経て、カナダ東海岸、St.Thomas Universityに留学。政治科学と人権学を専攻。専門はアフリカ人権問題とドイツ政党政治。2009年4月付けで、某財閥系総合商社へ入社。

先進国に生を受けたからには世界を相手に何か出来る事が、すべき事があるんじゃないか。「『日本人として』、世界という舞台で闘い、途上国の人々の未来を創る」という夢に向かって邁進中。ビジネスを通した途上国貢献の道を模索中。

''Watch your thoughts; they become words.
Watch your words: they become actions.
Watch your actions: they become habits.
Watch your habits; they become character.

Watch your character; for it becomes your destiny.''

※メール→imayu_canada[at]yahoo.co.jp(ブログ用)
Blog Ranking
Bar Code
Search
Interests












 







Visitors
"Imayu" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]