忍者ブログ
英語偏差値30からカナダ東海岸St.Thomas Universityに留学。卒業後2009年4月、某財閥系総合商社へ入社。
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09
178  177  176  175  174  173  172  171  170  169  168 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


<Realistic Dreamシリーズ進行中>

Realistic Dream (1) I am so lucky... 

Realistic Dream (2)  Top Down & Bottom Up

Realistic Dream (3)   The Third Path



国際機関やNGOの国際貢献、途上国貢献のやり方に納得できず、
偶然、商社のニュース記事に出会う。
ビジネスを通した国際貢献のやり方に深く興味を持ち、
商社を受けることを決意する。
商社を自分のキャリアとして考えた時に幾多の心配もあったが、
メリット、デメリットを考慮した結果、
今自分が取れるベストな選択だという考えに至る。






                                                          Vermeer  ''Woman holding a balance''


僕は商社を受けることに決めた。
しかし、商社について詳しく調べていくにつれて、
デメリット、心配すべき点もわかってきた。



インフラがやりたくても、その部署に配属になるかわからない・・・



それどころか、営業職にさえ関係ない財経理税務の仕事も有り得る・・・



年功序列、組織の強い力・・・日本企業特有の風土・・・



変わってきた事業形態、事業投資ビジネスでどこまで現場に関われるか・・・




心配な事はいくつもあった。
しかし、考えてみれば、
これらの心配事はある意味、取り越し苦労。
所詮入ってみなければわからない仕事の現場。
ましてや、ただでさえ事業内容が把握しづらい商社の仕事。

事前にあれこれ考えすぎて
大切なことを見過ごしてしまうのは僕の悪い癖。
ここはひとまず落ち着いて、
デメリットとメリットを比較してみることが大切と思った。

さんざん悩んで、ビジネスを通しての国際貢献、という所まできたのだから・・・


<デメリット>

デメリットと言っても、
商社で働いて自分にでる悪影響などなかなか想像し得ないもので、
心配事とデメリットはほぼ同じものとして考えていた。


1.インフラビジネスに携われない可能性

2.日本企業特有の風土によって思うように学びたいことを学べない可能性

3.近年の事業投資型ビジネスへのシフトによるイメージギャップ

4.利益至上主義マインドを刻み込まれてしまう可能性


などが心配だった。
配属や企業風土の心配に加えて、
収益形態が事業投資に移ったことによって、
現場に関わる仕事が減ってしまうのではないか、
という懸念と、

「生馬の目を抜く」と言われる商社のビジネスに携わって、
利益を追求するマインドが強くなってしまうのではないか、
という心配があった。

商社の社員に実際に話を聞けば、
ある程度解消できるであろう心配ではあったのだが、
大学からでた商社に入ったOBがゼロ、皆無であった僕は、
やっとの思いで2人の社員に会えただけだった。

結局、全く疑問が晴れず、ここで商社で働くメリットを考えた。
すると、意外なことに、商社という環境に身を置くことは、
たとえインフラ事業に関われないとしても
自分にプラスになるのでは、と考えられた。


<メリット>

1.海外経験が豊富に積める

これは自分にとって最低条件だった。
途上国貢献を目指す人間として、
英語をツールとして使うことは当然と思っていた。


2.悪くない給料

さんざん無理を言って親に負担をかけてきたので、
せめてある程度の恩返しができれば、と思っていた。
そして、もし自分がやりたいことが商社で実現できなかった時、
その時行動に移す時の資金にできると考えた。


3.日本でビジネスを起こす、事業経営の経験ができる数少ない業種

これは自分にとって最も重要で、
最終的に商社を就職先とした決め手となった。


「なんでImayuはそんなにやりたいことが明確にあるのに自分でやらないんだ?」


「なんだ。Imayuは起業したいのか?」



親友にそう言われた。



その時僕はハッとした。
そうか、自分で創ればいいのか。

今はインフラを通して途上国に貢献できれば、という思いがあるが、
もしできなかった時は、自分の納得できるカタチで夢を実現すればいい。

もちろん口で言うほど簡単なことではない。
しかし、色々な道を考えて心から自分が納得して
夢を実現できる場所を見つけられていなかった自分にとっては、
その一言が新しい選択肢を与えてくれた。

より多くの人に自分の悩みを聞いてもらうにつれて、
沢山の友人からも、両親からも、妹からも
同じことを言われ、次第に確信を持ち始める。


そして商社の話に戻る。
近年の事業投資型ビジネスモデルへの移行によって、
商社の業務は、資金とヒトの両方を投資し、
その投資先の計数、事業管理することが主となった。

商社の仕事はそもそも利益を生む仕組みを作り出し
その仕組みを経営することによってリターンを得る。

こういった業務を通じて経営のノウハウを学べるのは商社だけだと思った。
利益を生む仕組みを見つけ出す力を付けられるのも商社だけだと思った。

そして、将来自分の本当に納得の行くカタチで夢を実現しようとした時に、
自分に最もプラスになるスキルがつけられると思ったのが商社だった。



こう考えて、商社は自分にとってベストな選択肢だと確信した。



ちなみに、インフラにこだわって、
某大手重機メーカーも一社だけ受けたが、
最終的に上記の理由で断った。



長い目で見て、自分の夢に近づけるのは商社だと思ったから。


もちろん不安もあるけれど、ここまで悩んで決めたのだから、


一生懸命、頑張ってみよう、と思った。




ようやく自分の進むべき道が見え始めた気がした。





・・・

そこで、友人が僕にとあるベンチャー企業を紹介してくれた。

それに僕は大きな衝撃を受けることになる。


自分の進もうとしている道が間違っていないという確信と、
一方で、本当に前に進むためには一刻も無駄にしてはいられないという焦燥
こんなアンビバレンスを感じるきっかけとなった。


Imayu



昨日電車で就活セミナーから帰ってきた学生を見かけました。
ガンバレ!→ 

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Profile
HN:
Imayu
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1985/05/13
趣味:
ドラム・筋トレ・読書・旅行・絵描き・マグカップ収集 etc...
自己紹介:
英語偏差値30の高校時代を経て、カナダ東海岸、St.Thomas Universityに留学。政治科学と人権学を専攻。専門はアフリカ人権問題とドイツ政党政治。2009年4月付けで、某財閥系総合商社へ入社。

先進国に生を受けたからには世界を相手に何か出来る事が、すべき事があるんじゃないか。「『日本人として』、世界という舞台で闘い、途上国の人々の未来を創る」という夢に向かって邁進中。ビジネスを通した途上国貢献の道を模索中。

''Watch your thoughts; they become words.
Watch your words: they become actions.
Watch your actions: they become habits.
Watch your habits; they become character.

Watch your character; for it becomes your destiny.''

※メール→imayu_canada[at]yahoo.co.jp(ブログ用)
Blog Ranking
Bar Code
Search
Interests












 







Visitors
"Imayu" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]