忍者ブログ
英語偏差値30からカナダ東海岸St.Thomas Universityに留学。卒業後2009年4月、某財閥系総合商社へ入社。
2017-061 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 05 next 07
126  125  124  123  122  121  120  119  118  117  116 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人と会うのに忙しいです。
もうしばらく会えなくなると思うともっともっと沢山話しておきたいと思う。

例の政治学部のホープ、マー君ともゆっくり話してきたんだけど、
やっぱり彼は頭がいいのな。そして政治オタク。
頭の中がここまで政治の事でいっぱいな人も珍しいけど、
それでいて相手の話にもしっかり耳を傾けるところはすごいと思うよホント。
尊敬する。

最後の学期で教授に
''Political scientists are never successful in politics.''
(政治学者は政治家としては成功しない)
と言われたのがひっかっかって、
早速州議会で秘書として働き出したらしい。スゲェ。笑
8月にはカナダの反対側に飛び立って、
University of Calgary大学院で修士を取ります。

お互い方向は違うけど刺激し合える仲間だ。
また再開する事を約束して解散しました。

さて、もう「大学生活」、というカテゴリーで書く時期もほとんど無くなってきたので、
これからは読んで役立つ事をもっと書いていきたいと考えてます。
留学のメリット・デメリット、プロセス、将来、などなど。

最近読書ばっかりしてるので、久々の久々に今日の一冊を書きます。



          ODA(政府開発援助)―日本に何ができるか (中公新書)
 
  ODA(政府開発援助) 日本に何ができるか 
       渡辺利夫、三浦有史



この本は大きく分けて2つの事を説明している。

ODAの理念、仕組み、変化、実績、他国との比較、批判などの
多岐に渡る分野からなるODAの全体像

ODAは、軍事という選択肢を持たない日本が
世界平和に貢献するために絶対不可欠な手段であり、
東アジアで挙げた実績をもって日本は東アジアに注力し
それぞれの国の事情にあったODAを、
「量」ではなく「質」を意識して提供していくべき、
という筆者の主張


ODAの全体像を各分野に分けて詳しく説明しながら、
それに絡めて「ODAは大切だ」という主張を入れる構図。

ODAの各分野は端的にまとめられていて理解・整理しやすい。

普段あまり意識しないODAの理念、
円借款と贈与という2つのODAの形、
日本型ODAの全貌を掴む為に有効な他国との比較、
そしてより厳しくなるODAの批判のあり方とその根本にある原理など、
ODAについての知識を深く得られるような分析が、
スッと入ってくる読み易い文章でまとめられている。

統計もいくつか用いていて、
普段あまり目にする事のないODAに関する数字を見ることができて興味深い。

ODAの全体像を掴み、自分の知識として吸収するには最適の本だと思う。



ただ、批判を挙げるとすれば
ODAをそれぞれの国にテーラーメイドで提供する、という主張に関して
「例えばタイならどうやって?インドネシアなら?」
というような詳しい質問への答えは無い。

また、ODAを垂れ流しにするな、結局企業の金儲けになってしまう、
という二通りのODAに対する批判に対しても詳しい説明は無い。
「どちらの批判もODAの一極しか見ていない。現にODAで企業は儲けていない」
という返事がある程度。

このような批判が政界・世間一般で熱くなるからにはそれなりの理由があるはずだし、
「的外れ」とサラリと流すのではなくて、
もう少し詳しい分析をしたらよかったのではないかな、と思う。

要するに、各分野をもっと詳しく分析してくれたらもっと良かったのに、という批判。



しかしながら、ODAの全体像を大まかに掴むという点ではとても良い本だし、
「もっと詳しく知りたい」という批判が出るということは
現にODAに対して興味が沸いている、ということ。

だから、この本はODAの本としては良書と言えるだろう。


Imayu


ODAについてもっと知りたくなった!!!!!

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
無題
今たまたま見たけど、持ってる~~
これ、ODAの授業の教科書だったよ~
あんまり読んでないけどねw
さえちゃん EDIT
at : 2008/06/17(Tue) 11:52:49
TRACKBACK URL 
Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Profile
HN:
Imayu
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1985/05/13
趣味:
ドラム・筋トレ・読書・旅行・絵描き・マグカップ収集 etc...
自己紹介:
英語偏差値30の高校時代を経て、カナダ東海岸、St.Thomas Universityに留学。政治科学と人権学を専攻。専門はアフリカ人権問題とドイツ政党政治。2009年4月付けで、某財閥系総合商社へ入社。

先進国に生を受けたからには世界を相手に何か出来る事が、すべき事があるんじゃないか。「『日本人として』、世界という舞台で闘い、途上国の人々の未来を創る」という夢に向かって邁進中。ビジネスを通した途上国貢献の道を模索中。

''Watch your thoughts; they become words.
Watch your words: they become actions.
Watch your actions: they become habits.
Watch your habits; they become character.

Watch your character; for it becomes your destiny.''

※メール→imayu_canada[at]yahoo.co.jp(ブログ用)
Blog Ranking
Bar Code
Search
Interests












 







Visitors
"Imayu" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]