忍者ブログ
英語偏差値30からカナダ東海岸St.Thomas Universityに留学。卒業後2009年4月、某財閥系総合商社へ入社。
2017-091 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 08 next 10
1  2  3  4  5  6  7  8 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

明けましておめでとう御座います。
今年も宜しくお願い致します。


 

        



 
今年を振り返るに当たって、2011年初めにはどんなことを言っていたか、過去のブログを読み返してみました。すると、「1年で区切ってPDCAサイクルを回すことは意味が無い」、と書いてあります。この時の自分の不安定な精神状態が如実に表れているな、と思いますが、自分がこれから前に進んで行く為には、やはり毎年自分の現状・課題点を洗い出し、改善に繋げて行く為のアクションプラン・抱負を掲げることが必要だと思うので、今回は2011年の振り返り/012年への抱負を書くことにします。

 
■2011年の振り返り(足場を固めた2011年)
去年の今頃はまさに、今勤めている会社を辞める決心をし、業務に向かいつつ新しい場所に向かっての具体的なイメージを構築していくという不安定な時期でした。そんな中で「抱負」を掲げ行動に繋げる、と言っても具体的な事は何も書けなかっただろうし、その結果「現状整理」に留まってしまったというのが昨年の正直なところ。
 
2011年4月末の記事「裸になって勝負してみる」で書いた通り、この会社に残ることを決めて以来、自分はこの会社で「自分の思いを何一つ隠さず、ひねくれず素直に、真っ直ぐぶつける」「相手からの反応を真摯に受け止め、考える」「多少の無礼があっても、その場の空気を乱してでも、伝えるべきと思ったことは兎に角伝える」ことを心懸けてきました。要は「相手の話は聞くが、好き勝手にやる」。
 
その結果は予想以上に明確に自分に返ってきました。上司に一度自分の思いをぶつけていたこともあり、周囲が自分の話を真剣に聞いてくれ、それに対して応えてくれました。そんな日々の遣り取りを通して自分も相手の考えを素直に受入れることが出来たり、深い議論に発展することも多くなりました。「ここまで来ると俺とお前の生き方の哲学の違いかも知れないが・・・」、この会社でこんな根本的な議論を上司と出来るとは想像もしていませんでした。
 
次第に自身の視点に基づく問題提議/提案事項が増え、自分が周囲から評価され始めている、という自覚が出てきました。会計/税務に関する知識を深め、それを実務に対応させていく過程でPDCAを回し業務の質を高め、増えていく社内外でのコミュニケーションを通して、毎日自分の成長を実感していました。
 
唯、会社という組織に属する以上、この様な「好き勝手」やっている自分の態度をどう受け止めるかは人夫々で、無礼だと受け止められることも多々あることを自覚していました(特に「建前」や「基本動作」を非常に重視するこの会社では)。「こいつはバカな事を言っている」「無礼なだけで言っている事は訳が分からない」と一度思われてしまったら、周囲の人はすぐに離れて行ってしまう怖さを常に感じながら仕事をしていました。
 
そんな中でも、今自分はこの仕事のスタンスがベストだと感じています。相手の受け止め方を意識し過ぎて言いたいことを我慢しても、自分の仕事のパフォーマンスが著しく下がるし、「相手に離れて欲しくない」からこそ、「自分を素直に出し、相手の話を真摯に聞く」ことが必要なのだと考えています。これは働く場所や立場が変わっても同じだと思います。
 
人が離れて行ってしまうことを極端に怖れる自分は、このスタンスで仕事をすることが辛いと感じることも多いですが、「場を乱してでも言いたいことを率直に言う/いつ周りが離れて行ってもおかしくない怖さ」、このバランスこそ、自分がベストのパフォーマンスを出す為に、またこれから更に前に進んで行く為に必要なものだと認識することが出来ました。
 
抽象的で伝わりづらいかも知れませんが、2011年は、このバランスを得る為の1年だったと感じています。この感覚は自分に取って今後生きて行く上での大きな軸になるものだと感じているので、これからも大切にしていきます。

 
■2012年の抱負(次のステップへ)
上記の通り、2011年は自分にとって足場を固める年/今後自分が仕事をしていく上で重要な軸を見付けることが出来た年でした。一方で、自分が現状100%の力を出し切っているとは言えないことも事実です。それと、やはり自分はBtoBよりもBtoCビジネスがしたいし、より主体的に事業/会社の設立/経営体制構築/運営に関わる仕事がしたいとも思っています。
 
2011年で足場は固まりました。怖いものはもう何も無いので、これから次のステップに進む為の2012年にしたいと思います。その為には2012年は以下のアクションを取って行きます。
 
1.会計/財務/税務の体系的知識を身に付け、業務を通して理解を深める
ビジネス関連の知識は本を読むだけでは意味が無く、実際業務で使用することが必要不可欠です。2011年は業務を通して場当たり的に知識を吸収してきた感があり、振り返ってみると断片的知識が積上がり、順序立てて問題点を整理する、ということが出来ていませんでした。この現状を改善する為に、資格等の勉強を並行して行い業務に活用することで、知識の定着を図ろうと思います。資格として具体的には、USCPA/中小企業診断士等の取得を目標とします。
 
2.改めて自分のやりたいことを見つめ直す
一度転職しようとしたベンチャーに対する強い思いはあるものの、他の選択肢を全く考慮せず突っ走ってしまった感があるので、視野を広く持ち、読書や人に会うことを通して、改めて自分のやりたいことを見つめ直そうと思います。
 
<その他細かいこと>
・最低週一冊本を読む
仕事が充実して来たことを言い訳に、読書量が著しく低下している為、2012年は最低週一冊は本を読みます(ジャンルは問わず)。業務に於ける提言の機会の増加に伴い本で得た知識を応用する機会を増えて来たこともあり、読書週間の再開/継続は必須だと感じています。
 
・SNS/Blog等を通じて自身を積極的に発信する
2012年は最低月2回、ブログを更新します。業務に関する記事はどうしても書くのが難しくなってしまいますが、思考を整理するという意味で自身にとっては重要なツールなので、継続して行きたいと思います。(読んだ本のReviewが増えるかも知れません)
また、その他SNSでも積極的に自身を発信することを心懸けます。
 
・早寝早起き
朝の時間を有効活用する為、早寝早起きします。
 
・ドラムレッスンに月1回は通う
仕事と全く関係の無い場所で自身をアウトプットすることで、思考の幅を広げたいと思います(2011年後半はレッスンが疎かになってしまったので、この点は反省)。
 
・毎日の自身の行動をチェックリストにて管理
Living in Peaceの慎さんが実践していると聞いたことがありますが、自身の一日の行動をチェックリストで毎日一日の終わりに振り返り、自分の行動の傾向/問題点を洗い出し、日々改善して行きます。
 
 
以上、今迄に比べて随分稚拙で細かい抱負になってしまったかも知れませんが、今年漸く見付けることが出来た自身の軸を以て、改めてゼロからのスタートを切りたい、そんな思いでいます。2011年で足場を固め、怖いものは無くなりました。2012年は次のステップに進む為によりアグレッシブに日々行動して行きたいと思います。
 
2011年は色々な人に迷惑を掛け、助けられ、お世話になりました。
本当にありがとう。
 
2012年も、宜しくお願い致します!


imayu
 
PR
皆様

新年明けましておめでとう御座います。
これからも宜しくお願い致します。

2011年中にタイトルの通り記事をUPすべく準備をしていましたが、実家PCの不具合から上手く行かず、その後記事を入力するも全て削除されてしまうという初歩的なミスを犯してしまった為、1/1~1/3の間に改めてUP致します。

この要領の悪さは何か見えない力が働いているとしか思えませんが、それでもUPします。

非常に嬉しいコメントを頂いたこともあり、出来るだけ早めにUPしたかったのですが、すみません。
2011年の振り返りから2012年の抱負をこの場で共有し、自身の2012年のスタートとしたいと思います。

宜しくお願い致します。

imayu 2012



<東北ボランティア@仙台シリーズ>
その①:仙台にて初日に目にしたもの -what I saw on the first day-
http://imayujournal.blog.shinobi.jp/Entry/204/
 
その②:漁師風の男性の話 -a story of a man who looks like a fisherman-
http://imayujournal.blog.shinobi.jp/Entry/205/
 
その③:ボランティアを通しての所感 -what I felt and several points to discuss-
→今ココ
 
 
今回初めて東北へボランティアへ行って、目にしたもの、聞いたこと、やったことを通しての所感を幾つか纏めてみた。


       


 
 
■復興への意志、現地の人の強さ
シリーズ①②を通して、私はとにかく自分の目にしたこと、感じたことを書いてきたが、現地の被害や悲惨さばかりを伝えるものになってしまったのでは、と思う。
 
これまで書いてきたことは強調でも何でも無く、現実だ。ただ同時に自分が感じたのは、現地の人達はこの現実に向き合い、復興へ向けての強い意志と覚悟を持っている、という事。
 
海辺で目にしたものや、漁師風の男性の話を聞いて絶望的な気持ちになりながら、その次の日、若林区でボランティアをした際に、家主さんが言った言葉。
 
「5ヶ年計画で直して行くつもりです。旦那も新しい家を建てなきゃと言って張り切って仕事にいっています。」
 
この方の家も一階が完全に浸水し、漂流物がぶつかって壁に穴があき、家の裏は流れが止まり悪臭を放つ川があり、その川にはペシャンコの車が転がっていて、震災後手付かずで雑草が腰の高さまで伸びて来て殆ど歩けない。こんな状況下であの様な言葉が出て来る強さに、私は言葉が見付からなかったし、思えばあの漁師風の男性も、これからまた仙台をどうにかして行かなければ、と言っていた。
 
現地の人は現実へ向き合い、復興への強い意志を持っている。そんな中ボランティアで被害の一部を見ただけで絶望的な気持ちになってしまった自分が恥ずかしかったし、彼らの強さに負けない様、自分も頑張らなければならないと強く思った。
 
 
■出来ることは沢山ある/ボランティアセンターの問題点
今回自分達は、側溝の泥出しをボランティアとして行ったが、以前これはボランティアに任される仕事では無かったという話を聞いた。なんでも、ボランティアセンターは管轄が政府系(県庁等)とNGO/NPO系に別れ夫々の運営方針を採っていて、政府系センターは「復興作業は、雇用創出の為基本的には企業に任せるべきである」というスタンスで、ボランティアに任せられる仕事は限られていたとのこと。
 
その為、政府系センターではボランティアに与えられる仕事が少なく、所謂「ガチのボランティア」を期待してやって来たボランティア達は皆NPO/NGO系センターに流れるか、悶々と与えられた軽作業を行わざるを得なかった。
 
今でこそ、人手が足りず側溝の泥出しや畑の中の硝子破片撤去等、以前は容認されていなかった作業がボランティアにも与えられる様になったが、自分の目にした限りでは、道路こそ使える様になれどそこら中に瓦礫や車は転がっているし、雑草が生えっぱなしの土地は沢山あるし、出来る作業はまだまだいくらでもある様に思えた。
 
この様な運営方法ではボランティアもやる気を削がれてしまうし、そもそも「雇用創出」と言っても誰が側溝の泥出しにお金を払うのだろう。ボランティアが出来る様な作業に国の復興予算をわざわざ割り当てるべきかは疑問だし、ボランティアがいる限りは出来るだけの作業は彼らにやってもらうのが効率的だと思う。(むしろ、彼らはよりしんどい仕事を望んでいるのでは?)
 
ボランティアマネジメントというか、モチベーションと効率性の観点から、ボランティアセンターの運営方法については疑問が残った。
 
 
■事前情報収集の大切さ/わかりづらさ
東北にボランティアに行くに当たって事前の情報収集が大切だが、ある程度時間を掛けてじっくり行う必要がある様に思う。
 
自分のお世話になった仙台市津波被害ボランティアセンターは8月10日に閉鎖され、別の場所にある仙台市災害ボランティアセンターと統合され、ボランティアは事前登録制となっている。以前は当日飛び入りで登録が可能だったが、現在は事前連絡が必要であり、またそこから別の場所へのサテライトバスも運営ストップとなっている。
http://flat.kahoku.co.jp/u/volunteer16/9liAJCznL5IKxyEwT3ea
 
これは仙台の例ですが、他の場所でもボランティアセンターの統廃合や管轄組織/運営方針変更等が行われており(これまた分かりづらい)、当日センターに言っても「あれ。ボランティア募集してないの?」という事態も起こり得る。又持参した道具が足りず現地で作業が出来ず迷惑を掛ける可能性もある。折角行くのだから、事前調査を十分にし、必要な物は何か、いつ、どこで、何をすれば良いのか、訪れるボランティアセンターの状況等を明確にしてから行く必要がある。
 
 
■一般企業の行うCSR活動の意義
ボランティアセンターでは、人員が平日に不足したり週末には余ったり、又季節的要因での人員の増減を予測出来ず、効率的なボランティア作業の割当が出来ていない問題がある。
 
今回自分は、所属する会社の所謂CSR施策の一環として現地に行ったわけですが、年間1,000人以上の派遣を目標に、現地に平日/週末絶え間無くボランティアを一定人数送り続けている。又、本施策を本社のCSR担当者が一貫して統括することで、事前準備や作業の引継ぎ等をスムーズに行え、現地スタッフの手を煩わせることが少なく、現場では重宝されている様子。
 
企業CSRについては、そのインパクトについて今迄懐疑的な自分だったが、今回の活動を通して「企業CSR活動も捨てたものじゃない。上手くやれば大きな効果をもたらす」のかも知れないと感じた。
(因みに商社の場合、取り扱う商品が多く、こういった点からも貢献出来ると思う。実際自分が担当する関連商品も多く見かけた。)
 
 
■自分達に出来ること
毎日ボランティアがセンターを訪れ、日々復興に向けた作業が進捗しているのは心強い一方、その道のりは途方も無い。そんな中で自分が出来ることは、自身がボランティアに参加して少しでも現地に貢献すること、この現状をより多くの人に伝えて巻き込んで行くこと、そして、自分自身が出来ることを一生懸命やること、なのだと思った。
自分の場合、現地の人がこんなに力強く頑張っているのに、こんな恵まれた環境でのんびりしている場合じゃない。もっともっと努力し、力を付け、少しでも経済を回して行く。現地に少しでも貢献出来ればと行ったボランティアだったが、逆に自分が発破をかけられてしまった。
 
 
以上が自分のボランティアを通しての所感。本当に多くの事を感じ、学んだ。
また時期を見て参加したいと思うし、自分の毎日をもっと大切に、一生懸命生きようと決意を新たにした。
 
会社を辞めることを思い止まって以来、あれこれ考えず「気持ちで仕事をすること」を心掛けてきたが、やはり考えることも大切で、今自分に必要なことを一つ一つ、着実に身に付け、目標に近付いて行こうと思う。


Imayu/皆さんも機会があれば是非ボランティアへ行って下さい。きっと多くのことが得られるのでは、と思います。
 
3泊4日で仙台に震災ボランティアにやって来た初日、住宅地の泥掃除をしながら、どこか津波に対する現実感が無いままその日の作業を終え、沿岸部にやってきた。住宅地は流されコンクリートの基礎を残した平野に変わり、堤防を挟んだ向こう側には穏やかな太平洋が広がっている。不自然にねじ曲げられた松の木や深く抉られた砂、静かな海と何も無い平野を目にする中、次第に津波の恐ろしさや起こった事の悲惨さを痛感し始める。その時海辺で、ひとりの漁師風の男性に出会った。



 
 
「すみません。大勢で騒がしくしてしまって。」

 
私達ボランティア団のリーダーから一言。男性は、その風貌から、すぐに現地の人だと分かった。
 

 
「津波は三回来たんだ。」

 
 
それ以上こちらから話し掛けるでもなく、その漁師風の男性は滔々と話し始めた。
 
地震が起こった直後、海には大勢の人がつめかけていた。津波が来るか来ないか見に来たのだと言う。2010年にチリ地震が起きた際に、津波警報があり住民が避難した経験があるが、実際は津波は来なかった。その経緯もあって、今回の地震でも大きな津波は来ないだろう、と思い人々は集まったのだと。津波警報の発令も遅れた。
 
一回目の津波は50センチメートル。大きな波が立ったと分かる程度のもの。なんだ、今回も津波は来なそうだ。そこにいた人はそう思ったのだろう。そこから三回目の津波が到達する迄30分も掛からなかった。三回目の津波は、10メートルを超えた。
 
海際にいた人を含め、多くの人がこの津波の犠牲になった。漁師風の男性は学校の4階に避難していたが、3階迄は浸水しそれより下に避難していた人は犠牲になった。津波が完全に引く迄5、6時間はあったという。その間電柱や木にずっとしがみついていた人もいた。
 
波が引いた後、男性は連絡が取れない息子の捜索を始めた。海岸や町中あちこちに人が倒れており、暗い中懐中電灯を片手にひとりひとり顔を持ち上げて息子かどうかを確認した。見付からなかった。その後、息子の遺体は安置所で見付かった。
 
仙台港では一部漁業が再開したが、食べる気がしない。津波で流された人の肉を食べて魚が大きくなっていると思うと、食べる気がしない。


 
 
漁師風の男性は無表情に、滔々と、津波が襲って来た日に何があったかを語ってくれた。一切表情を変えずに、ただ淡々と。自分達には想像も出来ない状況を経験して、男性としてはただ淡々と話す以外に表現方法が無かったのだと思う
 
仙台市だけでも犠牲者は300人を超えている。こんな経験をしている遺族があと何百人もいるのかと思うと、やり場の無い気持ちでいっぱいで、涙が止まらない。どうしてこんな事になってしまったのだろう。どうしてこんなに悲しい思いをしなければならない人がいるのだろう。
 
男性の話を聞いて、3月11日に東北で何が起こったのか、またこれからの復興に向けてどれだけの道のりがあるのか、余りにも途方も無いものなのだと痛感し、ただただそこに突っ立っているだけの自分がいた。
 
 
imayu/その③に続きます
7/28〜7/31の間、宮城県仙台市にて3泊4日の震災ボランティアに参加してきました

7/28(木)の午後半休を取得、15時に東京を出発、
17時頃仙台入りしオリエンテーションを受け、翌日29日(金)からボランティアを開始。そこから丸3日間、仙台5区の内海に接する仙台市若林区、宮城野区にて側溝の泥出しと草取りを行いました。
 
 
今回の記事から、①初日の様子、②初日に出会った漁師風の男性の話/ボランティアで出会った現地に住む人の話、③東北ボランティアを通しての所感、の3シリーズで、自分の東北ボランティアで見てきた事、感じた事を書いて行きたいと思います。写真を撮っていない分説明がくどくなるかも知れませんが、出来るだけ細かく正確に現地の情報を伝え、より多くの人に現状を知ってもらう事が一番大切だと思いますので、長文恐縮ですがお読み頂ければ嬉しいです。
 

        
 
 
7/28(木) 17:30頃、仙台。
 
 
仙台駅に降り立った時は、その人の多さと活気に正直驚いた。初めての東北という事も有ったけれど、駅は普通に機能していて、そこにいる人は皆笑顔だった。宮城では七夕を旧暦の8月に祝う。8月6日からの七夕祭りに向けて駅に装飾が目一杯施され、華やかな雰囲気になっていた。その日は、そのまま沿岸部から離れた山奥の旅館に向かい、夜眠る迄ずっと「なんだ。思ったよりも普通じゃないか」と安心した気持ちでいた。震災以来テレビで伝えられてきた映像が目に焼き付いていたので、それとのギャップを感じていた。


翌日。ボランティアセンターに行き、マッチング、道具の貸し出しを受け、その流れのスムーズさに驚き、又その日VCに来た全員に仕事が割り当てられなかった事に戸惑う(100人集まった中80人程度迄しか依頼された仕事が無かった)。割り当てられなかったボランティア希望者はその日は作業が無い為、淡々と帰って行く。このシステマティックな流れの中で、VCのスタッフはこれまでどれだけ多くのボランティアをさばいて来たのだろうか、等と考えていた。
ボランティアの疲れなのか、何となく体に力が入らないまま、車に戻る。VCに戻る迄時間があったので、住宅街から少し岡を上がって、海岸付近の地区に立ち寄ることになった。


絶句。何も無い。
 
 

家も、木も、電信柱も、瓦礫も、音も、人気も、兎に角何も無い。あるのは、家の土台になっていたであろうコンクリートの基礎だけ。一部大きなブルーシートがかけられている。海岸地区にあった3階建ての学校は、2階部分が大きく抉りとられ、骨組みがむき出しになっていた。3階の窓を見上げると、上部に、水平に泥の後がうっすら残っている。その高さまで津波が来たのだろうか。窓には、細かい掻きむしった様な線が沢山見えた。思わず目を逸らす。何も無い''住宅街''を見渡すと、紙くずの様にくしゃくしゃに丸め込まれた様な車が所々、道路脇や草むらの真ん中に転がっている。
 
ここは日本なんだろうか。この時、自分が感じた正直な気持ちだ。何が起きたのかはメディアで散々目にしてきた。でもやはり現実感が無い。何でここ迄何も残っていないのか。家一つ位残っていてもいいじゃないか。津波と言ったって、自分の身長の3、4倍もある高さじゃないか。本当にそんな高さの津波が来たのか。そもそも津波って一体何処から。。。

 
海側へ振り返ってみる。堤防が設けてあって、海はまだ見えない。砂で埋もれて鉄の柱やフェンスが倒れかかっている足場の悪い堤防に登ってみると、水平線が見え、穏やかな太平洋が目の前いっぱいに広がっていた。堤防は高く、砂浜は広く、波際まではかなり距離がある。ふと横を見てみると、防風林として植えてあった大きな松の木数十本が、広範囲に渡って一本残らずぐにゃりと根元から曲げられている。余りにも異様な光景だったので、背筋が少し冷たくなる。
 
そのすぐ横。コンクリートの堤防と砂浜の境目が2メートル位深く抉れている。自分が落ちたらすっぽり入って自力で出て来れない程の大きな切れ込み。一緒にいた人から、ここが津波がまず着地したところだと聞いて、具体的なイメージが沸き、一気に現実感が増した。この堤防を超えてここに津波が着地。ぞっとした。

堤防の上から住宅街を振り返る。一面の''平野''。津波がこの町を全て押し流してしまった。。。穏やかに広がる海とその反対にある何も無い町のギャップに、津波の恐ろしさを静かに強く感じた。ひどく悲しくなって、泣きそうになった。

自分が今どんな気持ちなのかわからず、しばらく呆然と海を眺めていると、そこでひとりの漁師風の男性に出会った。

 
imayu/その②に続きます
 
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profile
HN:
Imayu
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1985/05/13
趣味:
ドラム・筋トレ・読書・旅行・絵描き・マグカップ収集 etc...
自己紹介:
英語偏差値30の高校時代を経て、カナダ東海岸、St.Thomas Universityに留学。政治科学と人権学を専攻。専門はアフリカ人権問題とドイツ政党政治。2009年4月付けで、某財閥系総合商社へ入社。

先進国に生を受けたからには世界を相手に何か出来る事が、すべき事があるんじゃないか。「『日本人として』、世界という舞台で闘い、途上国の人々の未来を創る」という夢に向かって邁進中。ビジネスを通した途上国貢献の道を模索中。

''Watch your thoughts; they become words.
Watch your words: they become actions.
Watch your actions: they become habits.
Watch your habits; they become character.

Watch your character; for it becomes your destiny.''

※メール→imayu_canada[at]yahoo.co.jp(ブログ用)
Blog Ranking
Bar Code
Search
Interests












 







Visitors
"Imayu" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]