忍者ブログ
英語偏差値30からカナダ東海岸St.Thomas Universityに留学。卒業後2009年4月、某財閥系総合商社へ入社。
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09
13  12  11  10  9  7  6  5  4  3 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いたたた。
唐辛子を素手ですり潰した後に鼻をほじったら鼻が焼けるように熱いImayuです。
いや、ホント痛いんだって。
初めてじゃないんだけどね、なんかうっかり触っちゃうんだよね。人間の神秘。

今日はね、帰って来るのが遅かった。
9時半。家に帰ってきたのが。
授業は7時に終わって、いつもならすぐ帰ってきて家で勉強するんだけど、
今日は公開講義があったのでそれに行ってきました。
月に2回くらい、大学の各学部が他の大学や組織からゲストを呼んで
プレゼンをしてもらうんだけど、
今日のレクチャーはお題が非常に興味深かったので参加。

「歴史学的講義:  民主主義と弱者の独裁」
朝鮮半島の歴史にフォーカスを当てて北朝鮮の今後を分析。
北朝鮮ミサイル危機、核不拡散条約への参加不参加、
アメリカの朝鮮に対する外交の変化などをざっと説明したような感じ。
コロンビア大学で東アジアの研究をしてる韓国人の教授で、
韓国語をはじめロシア語、日本語、ドイツ語、英語・・・その他ペラペラらしい。笑
すごすぎて笑える。笑
負けてらんねぇ。

というわけで、講義に行ってきました。7時半から9時半まで。
彼の主張はこう。

北朝鮮は西洋側の民主主義勢力から見たら不合理な国だけど、
実際に社会主義国として冷戦以降ずっと独立を保ってきた。
その事実からして、北朝鮮を見くびるような事はするべきではなく、
朝鮮を、「悪の枢軸」「理屈の通らない変国」として孤立させる政策よりも、
北朝鮮側と民主主義勢力側の両方の目的を満たすような
誠実な交渉こそが北朝鮮問題の解決につながる。

なるほど。膨大な情報量に裏打ちされた、落ち着きのある
かつ丁寧な質問の受け答えには確かな説得力があった。
日本の事もチョコチョコ出てきたけど、日本の関心は中国に対する方が大きい。
という見方が有力だったようです。そんな感じ。

話変わるけど、今日あった政治の授業と人権の授業で、各教授が、
昨日俺が書いた法王の声明に対するコメントと
近い分析をしていたのが印象的だった。
アルジャジーラでも今日似たような記事見つけたなぁ。
自分1人の妄想で無い事がわかってちょっとうれしかった^^

さて、今日はね、そういうわけで自分がどんなクラスを取ってるかを紹介しますよ。
基本的に政治と人権学です。社会学は人権学の一環として。

1. Western Tradition of Political Philosophy (西洋政治哲学の伝統):  いきなりだけどこのクラスが一番キツい。笑 ギリシャから始まった哲学の中から政治的な分野をピックアップして、「どうして人は政府を作るのか」「正義とは何か」「最も良い政治システムは何か」「民主主義は正しいか」「人間の真理とは何か」、こんな質問をしていきます。プラトンから始まりアリストテレス、ヘーゲル、アクイナス、ホブス、ジョンロック、マキャベリ、などの歴史的哲学者の著書を読み解いていきます。マジで難しい。笑 アヒャヒャ。

2. International Relations (国際関係学) : このクラスでは、地球の上で国々がどう関係しているかを、リアリズム、リベラリズム、マルクシズムなどのセオリーを使って分析していく勉強です。どんな事件が国にどういう影響を与えるのか、グローバリゼーションの定義、今後の方向性など、幅広く勉強していきます。授業の最初の30分位は毎回その日に起こった事件を教授と共に議論。ローマ法王の声明も取り上げられました。

3.
Comparative Politics of the Developed World (比較政治学:先進国) : このクラスはね、世界のいろんな国の政治システムを勉強して、それを比較してみてどんな事が言えるか、ってのを勉強する。たとえば、中国のヤフーの検索禁止ワードに「天安門事件」ってのがあるけども、それが中国国民に与える影響はなんだろうか、とか、比例代表制の選挙システムで多党制が起こりやすい、っていう現象に対して各国はどう対応しているのか(たとえばドイツは5%minimum lawっていって、5%以下しか獲得していない政党からは議員は輩出されない)、とか色々。トピックを挙げたらきりがないんだけど、とにかく、各国の政治システムを学んで、比較するためのベースを作る、って事です。去年は途上国の比較政治をやりました(ロシア、中国、インド、ナイジェリア、イラン)。今年のこのクラスは、イギリス、フランス、ドイツ、日本の政治システムをやるらしいです。

4.
Philosophy of Human Rights (人権哲学) : これはこの前も書いたように、人権の哲学的ベースを学ぶクラス。なんで人は人権を持つの?どうして普遍的なものだと言えるの?どんな権利があるの?こんな事を学びます。ジョンロック、カント、マルクス、色々読むみたい。このクラスでもローマ法王の話が出た。

5.
Sociology of Gender (ジェンダー社会学) : このクラスはちょっと変りダネ。社会におけるジェンダー(性別)が与える影響は何か。性別によって社会の位置づけがあるのか。性別による違いにはどんな物があるか。こんな事をフェミニズム視点で分析する。言ったよね?ほとんど男居ないって。特に今学期では、スポーツにおけるジェンダーの役割を分析する。

(6.
Parties and Elections (政党と選挙) : この授業はオーディット(単位は取らずに授業にだけ参加する。テストなどは受けない)。これが正に俺が研究したい政治の分野なの!!!ホントはちゃんと取りたかったんだけど、上の5つがどうしても外せない教科だったので、しかも5教科よりクラスを取るのは自殺行為なので、教授に頼んで授業にだけ参加させてもらっています。どうして政党ができるのか、どんな政党システムがあるのか、選挙システムが政党に与える影響は?投票者の心理と投票率の関係、などなど今この民主主義時代と切って切れない政党の勉強。日本にいる間からずっとこの分野の勉強は進めてきました。もし卒論書くならこの分野から。公明党の英語名がわからなくて恥かいた。。。笑 
※ちなみに公明党は英語で、''Clean Government Party'' と言うそうです。なぜに!?笑
  公明党が透明性のある政治だなんて。。。

こういう授業を取ってます。政治学と人権学を専攻なので、ほとんどこの2教科だけ。
そしてその教科書たち↓

 ズズン。。。
全部で12冊あるよ。しかもこれから2冊増える予定だから14冊か。。。
もう400ドルは余裕で超えてます。父さん母さんごめんなさい。。。
ちなみにこの一番厚い本(青いやつ)、800ページとか普通にあるから。。。ハァ。。。

今日は一日置いた丸ごと野菜ポトフ(コンソメ煮込み)がおいしかった。
五目混ぜご飯も^^ ゲフーッ

今日ね、俺が住んでるNew Brunswick州の総選挙なんですよ。
自由党と保守党の競り合いで、
保守党の州知事が3度目の当選となるか、が焦点。
明日結果発表。楽しみです。

ジェレミーも今日投票行ってきたみたいでさ、
その時彼がすごく興味深い事を言ったので
次のブログはよって選挙と投票についての考察。笑

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Profile
HN:
Imayu
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1985/05/13
趣味:
ドラム・筋トレ・読書・旅行・絵描き・マグカップ収集 etc...
自己紹介:
英語偏差値30の高校時代を経て、カナダ東海岸、St.Thomas Universityに留学。政治科学と人権学を専攻。専門はアフリカ人権問題とドイツ政党政治。2009年4月付けで、某財閥系総合商社へ入社。

先進国に生を受けたからには世界を相手に何か出来る事が、すべき事があるんじゃないか。「『日本人として』、世界という舞台で闘い、途上国の人々の未来を創る」という夢に向かって邁進中。ビジネスを通した途上国貢献の道を模索中。

''Watch your thoughts; they become words.
Watch your words: they become actions.
Watch your actions: they become habits.
Watch your habits; they become character.

Watch your character; for it becomes your destiny.''

※メール→imayu_canada[at]yahoo.co.jp(ブログ用)
Blog Ranking
Bar Code
Search
Interests












 







Visitors
"Imayu" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]