忍者ブログ
英語偏差値30からカナダ東海岸St.Thomas Universityに留学。卒業後2009年4月、某財閥系総合商社へ入社。
2017-111 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 10 next 12
60  59  58  57  56  55  54  53  52  51  50 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

しまった。週末逃した。
週1回は最低でも更新するつもりだったのに。
今週から1週間学校は休みです。
March Break(マーチブレイク)。別名Reading Week(読書週)。
学生だけの休みなので教授は学校にもいるけど、
生徒はここぞとばかりに実家へ帰る。

木曜日の時点で教室にいつもの半数の生徒しかおらず、
金曜日ともなれば2割ぐらいの出席率。
とくに長期の休みじゃなくても、
週末の2日だけで3時間離れた実家に帰る人もたくさんいる。
どれだけホームシックなんだ。

というのも、俺が考えるに、
彼らが家にしょっちゅう帰るのは、
彼らが家事を全くしないからである、と感じる。

まず料理
ジェレミーはまだ料理するほうだけど、
カナダ人の友達で料理する人を見た事がない。

ゆで卵12個作って1週間食べ続ける人
とか、
ポテトを茹でてステーキソースかけて食べる人とか、
ひき肉につなぎもたまねぎも入れずハンバーグの形にして
焼いてパンにはさんで食べる人
とか、
もうどうしようもない。笑

女の子も一緒。
実家に帰ると、親に料理を作ってもらって
タッパーに入れて冷凍して大量に持って帰ってくる人が多い多い。

そして洗濯。これはジェレミーにも言えるし、
寮時代からずっと思っていた事なんだけど、
洗濯しないんだよ。ず~っと部屋に溜めてんの。
しても一ヶ月に1回。笑

だから実家に帰るときに全部ダンボール箱なり
バッグに詰めて持って帰る
。そして親に洗ってもらう。
どれだけ無駄に荷物増やしてんだ。
「重いわぁ~」ってアホか。お前の荷物99%洗濯物だろと。

こんなラブリーカナダ人達が一斉に実家へ帰る。
ホームシックで泣きながら戻ってくる人もいるな~。
国柄色々ありますね。
俺も風邪引いたときだったり、どうしても勉強辛い時は
ホームシックになるけど、そんな1週間位ではならないなぁ。

という最近の生活と、ちょっとヨーロッパで気になるニュースが。



はい、ここはどこでしょう?



これこれ。











''Suddenly, centrists are sexy in France''
 「突如、フランスで中道派が人目を引いている」
      
  -Saunders, Douglas. The Globe and Mail. Mar. 4th, 2007. 

シラク大統領の任期満了に伴い、
4月22日を控えたフランス大統領選の主なコンペティターに、
フランス中道政党Union pour la Démocratie Française(UDF)の、
フランソワ・バイロウ氏が認識される事となった。
これまで、大統領選での有力候補と認識された人間は2人。
Union pour un Movement Populaire(UMP)の、
ニコラス・サルコジ氏、と
Parti Socialiste(PS)
セゴレーヌ・ロワイヤル氏
フリーマーケットや国営企業の民営化など、
ネオリベラル傾向の強いリベラル派サルコジ氏と、
社会保障、雇用保険の充実や、
国の経済への積極的な介入を推す社会主義派ロワイヤル氏
二極対立にバイロウ氏が一石を投じる形となった。


Francois Bayrou (UDF)


    Nicolas Sarkozy (UMP)


Segolene Royale (PS)

現在の各候補者の支持率は、
サルコジ29%ロワイヤル22%バイロウ19%
突如としてバイロウ氏が現れた背景には、
戦後ずっと二極対立で動いてきたフランス政界に
フランス国民が疑問を感じ始めた事

そしてその疑問が、
シラク大統領の度重なるスキャンダルによって
強められた事などが挙げられる。

これを読んだ時はドキドキしたね。
フランスにはまともに戦える
中道政党なんてなかったよな
~と思っていたら
急にコレ!!結果や政党の動きによっては、
俺のHonour Thesisにも使えるかもしれない。

俺の今までのリサーチからして、大政党同様、中道政党にも
何らかの安定した支持基盤が必要
で(宗教なり社会階級なり)、
政策の魅力で中道政党になるってのはかなり難しい。

実際に政策を提案したところで、結局国民に
それはすでに存在する両極政党の良いとこ取りとしか映らない。
よって基本的に政治家を信用しない国民を
説得するには政策の魅力だけでは難しい。

しかもドイツフランスのように、それぞれの大政党が
はっきりした支持基盤とポリシーを持っている場合、
中道政党が介入する可能性はさらに低くなる。


それが可能になるのは、選挙システムだったり、
その国独自の歴史国民のパーセプション
政党の位置づけなど色んな要素が絡んできた時。

政策の魅力だけではどうにもならないけども
その他の要素が絡んで国民が
その中道政党に投票しやすい環境が出来上がる事
その政党が自身の地位を自覚して
それに適したキャンペーンを実施する事
などをすれば中道政党が政党政治で力を持つ事が可能。
まだまだ研究途中なので何とも言えませんが。

よって今回の現象は中道政党の新たなケースとして
非常に重要。フランスの2大政党はドイツと同様非常に強く、
かといって、フランスの選挙システムはドイツとは全く異なるので、
完全な比較は不可能。だけど、もしこのUDFが今後の
選挙で成功するような事があれば、俺の研究に役立つと思う。

2002年に、フランスの超極右政党(Front Nationale)党首Le Pin
大統領選第1回投票でPSのLionel Jospinを負かした事例もあり
(第2回投票でJacque Chiracに敗れた)、フランスの投票は
非常に不安定で傾きやすい(ボラタイルな)傾向にある
、と思われる。

しかもUMPへの国民の不信感もプラスして、
UDFが勝つ可能性もまったく0とは言えない。
今後のフランスに要注目。


しかもこれはヨーロッパの大きな変遷の1部でもある。

イギリスブレア首相は4月いっぱいで
辞める事を公言している。

イタリア
べラルスコーニ首相が
スキャンダルで最近辞職している。

ドイツ
では去年から史上初の
女性総督アンジェラメルケルが政権を執っている。

そして今回のフランスの大統領選挙
ロワイヤル氏が勝てばドイツ同様史上初の女性大統領。
バイロウ氏が勝てば中道政党が国のトップに立つ。
非常にまれなケース。

ヨーロッパのリーダー交代ラッシュから目が離せない。
PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
Calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Profile
HN:
Imayu
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1985/05/13
趣味:
ドラム・筋トレ・読書・旅行・絵描き・マグカップ収集 etc...
自己紹介:
英語偏差値30の高校時代を経て、カナダ東海岸、St.Thomas Universityに留学。政治科学と人権学を専攻。専門はアフリカ人権問題とドイツ政党政治。2009年4月付けで、某財閥系総合商社へ入社。

先進国に生を受けたからには世界を相手に何か出来る事が、すべき事があるんじゃないか。「『日本人として』、世界という舞台で闘い、途上国の人々の未来を創る」という夢に向かって邁進中。ビジネスを通した途上国貢献の道を模索中。

''Watch your thoughts; they become words.
Watch your words: they become actions.
Watch your actions: they become habits.
Watch your habits; they become character.

Watch your character; for it becomes your destiny.''

※メール→imayu_canada[at]yahoo.co.jp(ブログ用)
Blog Ranking
Bar Code
Search
Interests












 







Visitors
"Imayu" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]