忍者ブログ
英語偏差値30からカナダ東海岸St.Thomas Universityに留学。卒業後2009年4月、某財閥系総合商社へ入社。
2017-061 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 05 next 07
82  81  80  79  78  77  76  75  74  73  72 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おほいおほい、こんばんは。
疲れてます。心労です。

最近解かってきたことだけど、
就活ってのは色んなフェイズ、段階があるのな。

自己分析→自分のやりたい仕事→企業研究・筆記試験の勉強
→エントリーシート→筆記試験→面接→内定→その後色々・・・

まあこれは俺が考える範囲での段階だけどね。
俺もこの通りの順序でやってたわけじゃないし。
(自分は、最初にやりたい仕事像がかなりハッキリあったので、企業研究から入りました)

それぞれのフェイズで苦労がある。違った苦労が。
内定貰った後の苦労なんて、内定貰うまでのそれに比べたら
なんでもないのかもしれないけど、
真剣に、死ぬほどやってきてようやく貰った内定は、
一つであってもそれ以上であってもそのすべてに価値がある。

思い入れ
もある。

そして何より重みがある。

それを最後一つに絞らなきゃいけない。それもまた苦労。
そして実際に出向いて辞退する。それもまた大変な苦労。
就活初めには全く予期していなかった、そんな苦労を感じているImayuです。

8月は完全にフリーで、Honour Programの準備をしよう、なんて
計画を立ててウハウハしていた自分がバカだった。
下手したらカナダに戻る直前まで就活をしているんじゃないか。。。苦笑
でもあと一息だ。

でもね、リフレッシュもちゃんとしてますよ。
今日はプールに行ってきました!!!
突然思い立って。笑

ホント何年ぶり、十年ぶり位で来ました。
ストレスを水で洗い流したかったんです。
暑いし、今日。34度だって。
カナダ暮らしのImayuは蒸発しますよ。

小さい頃に来た時は、「流れるプール」が深くて、
しかも流れが速くて、どんどん流されていた自分。
水が流れてくる所まで行くと激流で流されて頭打ったりした。

そんなプールに行ってみた。
もう速攻で流れるプールに行きましたよ。
郷愁の念に導かれて。うん。
そうしたらね、



流れない。笑


えっ!?ここ流れるプールでしょ?あの楽しい流れるプール。

でも、考えてみよう。
10年も経てばImayuも成長します。
かつて肩まであった水かさも今では腰よりも低く、
そしてかつての激流も、185センチの俺を押し流すほど強く感じられず、
水の吹き出し口まで行ってもちょっとこそばゆい程度。
はて、どうしたものか・・・

しかも筋トレをずっとしているせいなのか、背が高いせいなのか、
顔がマズいせいなのか、水着の趣味が悪いせいなのか、それとも臭いのか、




子供達の視線が痛い。




これは唯の自意識過剰だろうか。。。



あ~思い出した。子供の頃の事。
流れるプールはもっぱら子連れ家族の団欒の場。
そんなところに高校生、大学生のお兄さん達が居て
ちょっと迷惑してたよ、俺が小さい時。
大きい体して吹き出し口に集まったりしてね。

お前ら子供か!?
お前らはもっと深い波のプールとか競泳プール行けよ、
とか思ってた。

当時の少年Imayuは、筋肉質で上半身裸のお兄さんが恐かったから、
そんな時は居心地悪かったよなぁ。変な気を使ったりして。

ごめんなさい。
筋肉付いてます。上半身裸です。背も高いです。更にはしゃぐ声もでかいです。
まさに子供の敵だよ敵。
かつてImayuが嫌がった人種に自分がなってしまっていたとは。
俺の居場所はいつの間にか波のプールと競泳プールになっていた。
な~んて、時代の流れを感じた。年取ったよ、俺も。ハッハッハ。

でもね、ちょっとうれしい事もあったよ。
坂から水が浅いプールに流れ込むところがあるんだけど、
そこの坂に寄りかかり昼寝をしようとしていた時(←迷惑)、
小さい男の子が俺に水をかけてきた(←カワイイ)。

そこで俺も、
小学校の時に通っていたスイミングスクールで身に付けた水鉄砲で応戦。
(3種類使い分けができます・笑)
そうしたら子供が喜ぶ喜ぶ。
屈託の無い笑顔で更に水をかけてくる。
ちょっと近くにいたお母さん(美人でした)の所に帰ったと思ったら、
またすぐ戻ってきて水をかけてくる。

そこで俺は手で犬を作って襲ってみる。
そしたらまた喜ぶ喜ぶ。もう止まらない。
あまりになついてきたので、最後はお母さんが連れて帰りました。
「バイバ~イ」って言ってくれました。うれしかったなぁ^^
心が洗われました。これだけでもプールに来た甲斐があったね。
こういう何気ないひとときを自然に感じられるってのは本当に幸せです。

そんな今日この頃。
就活⇔息抜き、そんな感じですね。

ニュースも欠かさず見てますけど、色々思うところもありますけど、
企業の面接で語りつくしてるのでわざわざブログに書く気になりません。


自分の取り巻く環境が変わればその内自然と記事内容に出てくるでしょう。
とりあえず次は☆今日の一冊☆でも書ければいいな、と。
本は読んでますよ。沢山。
最近は司馬遼太郎(またwww)の『竜馬がゆく』にハマってます。

それでは^^



あっ、読み直して気付いた。
プールは一人で行ってないよ?
同じく筋肉マンな高校の友達と行ってきました。
一人で流れるプールに行って昼寝して子供と戯れるなんて。
PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
non title
なんかブログの文面にもプールでのリラックス感が漂ってるな(´ー`)
おれ、水鉄砲2種類しか使えませんww

「竜馬がゆく」いいよねー
おれも高校のときに読んだわ。
歴史小説やったら司馬良太郎もいいけど、
吉川英治の「宮元武蔵」も長いけどすっごいよかったで。(読んだ?)
yasu EDIT
at : 2007/08/07(Tue) 06:32:14
無題
>>yasuくん

をー!!またまたコメントありがとう。リラックスしてる様な雰囲気はまだ現実逃避だと思って。苦笑 今人生最大の決断を迫られて人生最高に悩んでます。

まあ隠す事でもないのでここで言っちゃうけど、2つの総合商社、どっちを自分の人生のパートナーにするのか、決めかねてます。。。

就活の時点でOBとのコネが無かった俺は、内定貰って初めてOB訪問のチャンスを得たから、順序がおかしいかもしれないけど、本当の意味での会社選びが今始まった感じなんだよね。時間もおしてるから、社員さんと話す度に迷って焦るばかり。

明後日が本当の決断の時だから、明日自分の会社選びの軸をもう一回整理しておこうと思ってるよ。

と、いう感じ。水鉄砲は何気に楽しいよね。笑 結構奥が深い。2種類できる人もいないよなかなか。笑

うん。竜馬はいいねぇ。着飾らないでいて自然に世の中を動かす大器、っていうのはいないよね。羽柴秀吉ほどじゃないけど、尊敬すべき人だな~と思う(豊臣になった時の秀吉は嫌いなんだ。謙虚さを忘れたから)。

やすくんも本好きなんだね~。話がますます合いそうだ。笑 『宮本武蔵』読んで無いね~。読書に目覚めたのが最近だからな~。とりあえず立ち読みして雰囲気を見てみるよ^^ありがとう。

「決断力」を養うのに役立つと思った司馬遼太郎の本だけど、いざとなったらなかなかできないものだなぁ。感じて学んだことを実践するのって難しい。。。苦笑
Imayu EDIT
at : 2007/08/07(Tue) 22:16:22
TRACKBACK URL 
Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Profile
HN:
Imayu
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1985/05/13
趣味:
ドラム・筋トレ・読書・旅行・絵描き・マグカップ収集 etc...
自己紹介:
英語偏差値30の高校時代を経て、カナダ東海岸、St.Thomas Universityに留学。政治科学と人権学を専攻。専門はアフリカ人権問題とドイツ政党政治。2009年4月付けで、某財閥系総合商社へ入社。

先進国に生を受けたからには世界を相手に何か出来る事が、すべき事があるんじゃないか。「『日本人として』、世界という舞台で闘い、途上国の人々の未来を創る」という夢に向かって邁進中。ビジネスを通した途上国貢献の道を模索中。

''Watch your thoughts; they become words.
Watch your words: they become actions.
Watch your actions: they become habits.
Watch your habits; they become character.

Watch your character; for it becomes your destiny.''

※メール→imayu_canada[at]yahoo.co.jp(ブログ用)
Blog Ranking
Bar Code
Search
Interests












 







Visitors
"Imayu" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]